« 蒜山高原キャンプ場 | トップページ | 蒜山高原キャンプ場 »

2011/08/08

ベリーサへのルーフボックス換装

ベリーサにルーフボックスをつけてキャンプに行ってきました。

ベリーサにルーフボックスを載せた例をネット検索しましたがまるで見つからなかったので、ベリーサユーザに参考になればと思い、レポートを書きます。ベリーサ以外のコンパクトカーユーザにも参考になるかと思います。


去年、ベリーサで家族3人でキャンプに行ったのですが荷物でかなり苦しい思いをしました。
コンパクトカーでのキャンプでは絶対的に容量が足りません。パッキングにも苦労しました。
そこでルーフボックスを購入しました。

ルーフボックスをつけるためのルーフキャリアから購入しないといけません。
初めは中古のルーフボックスを探してみたのですが、なかなかいいのが見つからず、ヤフオクで見つけても送料を考えると新品を買うのと変わらないので結局ルーフキャリア、ルーフボックス全部新品を購入です。

THULEは高いので論外、TERZOはベリーサ用のフックが用意されてないことが判明。
コストパフォーマンスの高いINNO(カーメイト)にしました。
ルーフボックスはBR764で24800円で近所のジェームスで購入。イエローハットも同じ価格でした。
ルーフキャリアはamazonが安かったのでそこで購入。
まず、ルーフキャリアを自宅でベリーサに装着して、ジェームスに行きルーフボックスを購入して駐車場で換装しました。

Dsc01751_r


Dsc01753_r

付属のU字金具4つでルーフキャリアにルーフボックスを固定します。BR764は左側からしか開きません。
なので助手席側の手前はともかく奥の運転手側は脚立が無いと手が届かないでネジ止めすることは無理です。
ちなみに工具は必要ありません。

Dsc01764_r


Dsc01790_r

BR764は全長185cmです。ベリーサに載せたときに長すぎないか不安でしたが写真の通りちょうど良い長さでした。
荷室のドアを開けたときに当たらないように調整しましたので前方にはみ出ますが運転手座席からはまったく見えませんので運転に支障はありません。

Dsc01754_r

これで先週末にキャンプに家族3人で行ってきました。
今回はスノーピークのメッシュシェルターというスクリーンテントを導入したので荷物が増えたのですがルーフボックスのおかげで余裕でした。

Dsc01791_r


Dsc01816_r

ルーフボックスには家族3人分の椅子、テーブル、マット、テント、シュラフが載りました。

Dsc01817_r


Dsc01818_r

写真の通り、後部座席にも荷物をを載せるしかなかったので一人しか乗れませんので家族3人がギリギリとなります。
去年はルーフボックス無しでキャンプに行ったのですがその時はスクリーンタープをキャンプ場でレンタルしました。
またクーラーボックスも写真にある青い大きなものではなく半分ぐらいの容量のものを持って行きました。
今回はこれに加えて18Lのソフトクーラーも載せてます。ソフトクーラーはドライブ中に冷たい飲み物を取り出せるように購入しました。980円ぐらいの値段でホームセンターで購入しました。釣具屋ならオールシーズンあるでしょう。

クーラーボックスを小さいのにしてパッキングを工夫すれば後部座席に2人でもなんとかなるかもしれません。
今回は後部座席と荷室にまたがってメッシュシェルターを置いたため1人しか乗れませんでした。

|

« 蒜山高原キャンプ場 | トップページ | 蒜山高原キャンプ場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒜山高原キャンプ場 | トップページ | 蒜山高原キャンプ場 »