« 体重の推移 グラフ | トップページ | ぷちメバリング »

2010/05/30

初の海上釣堀 淡路島じゃのひれフィッシングパーク

海上釣堀に行ってまいりました。
淡路島のじゃのひれフィッシングパークです。
一般のは6時間釣り放題で一万円ぐらいしますが、ここのファミリーコースは
子供は3000円で鯛を2匹まで、2時間制限で割安に釣らせてくれます。
それ以上釣ると一匹1000円です。
貸竿1000円です。

朝8時に明石を出発。9時に現地着。
餌は団子を購入して、さっそく釣り開始です。
最初の15分ぐらい、まったく魚の気配なし。鯛だから深いんですね。
ってわかってても生簀みたいなものだから魚影が見えないと息子もやる気が起きません。
貸竿のたなを見ると1ヒロ。これでいいと管理人のおっちゃんが言ってたのですが、
2ヒロにします。するとウキが一瞬沈んで餌をとられてしまいました。
がぜん、やる気モードに入った息子。
何故か団子を2つつけて仕掛け投入。好きにしてくれ。
魚影がむっくりと2匹現れてウキが沈みました。竿も沈みました。息子まで沈みそうです。
リールを必死に巻く息子。「固い固い」と叫びますが、見ると竿先にウキが。
息子よ、それ以上は巻けないのだ。竿をあげないと。って力で鯛に負けとるのか。
タモですくってまずは一匹。
二匹目はなかなか釣れず、さらにたなを2ヒロから3ヒロへ。
ウキが見事に沈みました。これはちょっと大きく苦労して取り込みます。
なかなか楽しめたようです。

隣がオートキャンプ場なのでそこのBBQ場を借りて、七輪で鯛を塩焼き~。
あとは朝握ってきたおにぎり。他の人たちはBBQだというのに。贅沢なのか貧相なのか。
しかし、美味しいです。やっぱり炭で焼くと違いますね~。

さて、食事がすんだ時点で11時30分です。
次の予定についてお父さんから提案がありました。
「四季の釣りでやってた炬口漁港で釣りをしたいです」
家族の許可が出たので、釣りに行きます。このキャンプ場にも釣りができる波止が
あるのですが、やっぱり泊り込みでないとやる気がでないのと、鯛を釣った場所の
横でやるのもなんか寂しく。お父さんも鯛釣りをしたかったのだよ。

さて、金曜に釣り番組「四季の釣り」で紹介されていた炬口漁港を日曜に釣ろうと
いうのですから人手が心配です。駐車場に車を止められないのでは・・・空いてるじゃん。
それでも結構人がいます。問題は釣れているかどうかです。
カレイ、ガシラ、、、、おっ、サビキでイワシが釣れている。
まるは釣具店洲本店に一度行き、アミエビとサビキ仕掛け購入。
ついでに根魚狙いでシラサエビ一杯購入。

スペースを見つけて湾の内側にサビキ仕掛けを投入しますと。
イワシ、アジ、スズメダイ、ガシラ、ハオコゼと釣れます。どれもミニマムサイズ。
まあ、イワシの群れが来ているのでイワシ狙いということで。
お父さんとお母さんは息子の釣りの世話で忙しく、自分の好きなようには釣りは
できないということを改めて知ります。
息子は自分で工夫するとか学ぼうとかという意欲が釣りには向いてないので、
釣れないとすぐ投げ出し、釣れだすと夢中と
わかりやすい性格なのです。誰に似たのでしょう。

お父さんはここに来たのは3回目です。1回目は夏にキス狙いできました。
釣れましたがポツポツと釣れる程度ですぐ移動した記憶があります。2回目は
冬にメバリングでした。無人の暗闇の漁港でルアーを投げて虚しく移動したものです。
イワシやアジなどをサビキで釣るにはいいけど、投げにはどうも?
どうなんでしょう、ここは。タチウオのシーズンはいいかもしれないですね。
洲本港がメジャーな分、すぐ隣のこっちは穴場かも。釣れないと意味ないですが。

うーん、シラサエビでねちねちとやりたいのですが、サビキのアミエビブロックが
無くなった時点で終了となりました。シラサエビはほとんど手付かずのまま
知らないおじさんにあげました。午前中なら良かったのかもね。
まあ、明石で今できないイワシ、アジを釣ったという点でも来たかいがありました。

帰宅して、夕食も残りの鯛をあら炊きと鯛めしでいただきました。
それにしてもいつになったらお父さんはまともに魚をさばけるようになるのでしょう。
兜割りはがんばりましたが、2枚におろすところで挫折しました。
骨が固くて包丁が通らん。
お母さんはそこを手でむしりとりました。さすがです。


今日は家族で楽しく釣りをし、その場で焼いて食べ、夕食のおかずと
豪華な日曜日となった5月末の週末でした。
満足、満足。

|

« 体重の推移 グラフ | トップページ | ぷちメバリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重の推移 グラフ | トップページ | ぷちメバリング »