« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

本当の中島埠頭

昨夜に引き続き中島埠頭へ。
しかし、心のどこかにひっかかるものが、、、そう昨夜行ったところは場所は狭いし人は少ないし、情報とまるで違う。。。。
カーナビの地図とにらめっこ。画面を拡大すると、、、、でてきました、細長い地形が。
これが中島埠頭か。
このバカカーナビめ。

というわけで人と車がごっちゃごっちゃしてる本物の中島埠頭で6:00PM前ぐらいで釣り始め。
9:00までの間にウキが沈んだのが一回だけ。おまけにあわせたらすっぽぬけ。
寒いし、心が折れて9:00でやめました。人も結構少なくなっていったし。
周り見ても渋かったです。
まあ、僕が見える範囲の周りですから、どっかでは釣れてたのかも。

タチウオ釣りはそろそろ僕の中では終了ですねぇ。
3日に徳島行くんでそのとき、今回で余ったキビナゴを使うつもりですがあまり期待してませ

| | コメント (0)

なんどタチウオ玉砕したら気がすむんじゃあ

昨夜から朝にかけてタチウオ釣りに行ってまいりました。
姫路が熱いという情報を元に姫路まで行きましたがな。
金曜のせいか人がまばらー。
しかし、おかげでコントロールの悪い僕でも気兼ねなく投げれます。
スーパーで買った「刺身用イワシ」「キビナゴ」。別に刺身用である必要はないけど
このイワシしかなかったのですね。そして僕の持っているテンヤにはでかすぎました。
針金の長さが足らなくて今ひとつ固定感がない、、、
余裕があったのでウキ釣りとテンヤ釣りの2本立てでやってみますが、、、、、、
当たりも何もありません。静かな海です。気持ちわるいくらいに。
でも隣の少年が釣ったのでいることはいるのでしょう。
ちょっと群れが少ないのかもしれない。

そこで1時に切り上げ、いつも玉砕している東播磨の人工島へ。
ここは結構人がいましたが、まあ問題ないレベル。
そして、なんとはじめての当たりが。もう完全に向こうあわせでかかって、ぐぃーんと
ひっぱられるのですが、ラインブレーク。泣きそう。
それからはうんともすんとも。

せっかくの生のキビナゴだったのに・・・

本当は夜明けまでやりたかったのですが、車を嫁さんが使うので5時に切り上げました。
時々思うのですが、タチウオの時合がいつなのかは知りませんが、私の時合とは
合わないのですよねー。でも人間さまの時合のほうが重要なんじゃああああ

と意味もなく切れてみるも空しからずや

| | コメント (0)

2009/10/25

再びタチウオ玉砕

徹夜明けで帰宅し短い睡眠をとりました。
夕方から再度挑戦することに。だるいけど、行かないと後悔する気がする。
土日連続のタチウオ挑戦です。

東播磨の人工島に到着。車は少ない。人も土曜より少ない。
サビキのおじさん達、釣れてない。
タコ釣りのおじさん、好調。短時間で2匹釣ってるのを見ちゃいました。
潮が真横に流れていて、右隣の人がタコテンヤを投げるとすぐ私の目の前にラインが
流れていきます。
「タチウオかあ、まだ時間ちゃうやろ。もう、そろそろ撤退するから」
そのとおりです。昨夜は暗くて様子がよくわからなかったので、早めに来たのです。
タコの次にタチウオ釣りに切り替えている人もいました。ここで投げてる人はタコ狙いだったのか。

さて、準備が整いテンヤにキビナゴの大きめを針金で巻き付けーっ、
周囲は人が少ないです。日暮れで帰っていきます。残るはタチウオ釣りの人だけですが
昨夜と違って周囲を気にせず投げれます。

しかし、、、、

人も少ないけどタチウオも少ないようで。

地元のおじいさんがぼやきます。
「ちっとも当たりがない。こんなのはじめてや」
「おとといは9匹を1匹のドジョウで釣った」「昨日は3匹」「今日はボーズ」
、、、、、数が減っていってるやん。群れが姫路方向へ行ってしまってるのでは、、、?

気づけば波止場にいるのは数人のみとなったところで雨模様の空。
なんか、心が折れて納竿。
帰りは雨が激しくなってきたので撤退は正解でした。

あー、今週もボーズかあ。

| | コメント (0)

タチウオ玉砕す。  が、しかし、、、

夜10時に神戸空港ベランダ到着。
風がびゅーびゅーふいておりました。しかし、この日に買い込んだユニクロ冬服セットで
防寒はばっちり。特価1280円のイージーパンツは暖かいのだ。内側はフリース。
さて、土曜の夜なのに、人がいません。確か、何週間か前の土曜は割り込むのも大変
だったのに。ガラガラであります。
向かい風で電気ウキはすぐ岸に流れてきます。誰も釣れないのでしょう、どんどん人が
減っていきます。最後の一人になるのが嫌で1時AMに撤収。

そこでTOKUちゃんさんからの情報を頼りに自宅の近所へ。東播磨であります。
行くと、ヘッドライトとケミホタルの灯りが!!!おおっ、釣り人がいる。
空いてる場所に入らせてもらいました。
しかし、全員テンヤをやっています。この込み合った状況でウキ釣りするとトラブルが
目に見えているので1個買っておいたテンヤにキビナゴくくりつけて投げます。
お隣の人はしっかりとタチウオを釣られました。タチウオはここにいた!!!!!
しかし、私のテンヤには当たりすらなく、、、、
そのうち投げたときにパチッという音とともにテンヤだけ飛んでいきました。
仕方なくやはり買っておいたソフトルアーがついたテンヤもどきをつけて投げます。

結局、そのまま朝を迎えて、ボーズで終わりました。
おじいさんに話しかけられて「しぶかったやろ、一晩やったけど3匹しか釣れんかった」
と嘆いておられました。当たりあわせて4回らしく、しぶいことはしぶいんでしょうけど
私は一回もかすりもしませんでした。
エサはそのへんで釣ったサヨリだそうです。1時間はもつそうです。
サヨリ釣りからはじめないといけないのか、、、つうかサヨリ釣れるのか、ここは。

とりあえず、リベンジは必ずするつもりですがサヨリ釣れるとは限らないから
やっぱりドジョウを買ったほうがいいのでしょうか。というかこのあたりの釣具屋で
ドジョウがあるかどうか確認したほうがいいなあ。意識したことないから見落としてるかも。

というわけで、玉砕したもののタチウオが自宅のあたりで釣れているというのを
肉眼で確認できたので、前向きな気持ちになっております。
神戸空港では心折れて複雑骨折状態だったものなあ。

| | コメント (0)

2009/10/24

地獄鍋考  - 穴子と郷土料理 -

地獄鍋orどじょう鍋というものがあるそうだ。そのほか、色々名前があるらしい。

私が初めて知ったのは西原理恵子のマンガなのだが、穴子釣りの話をmixiの釣りコミュで読んで、ふと、思い出したのだ。同時に最近タチウオでどじょうをエサに使ったことも読んだ。

地獄鍋とは、どじょうと豆腐を鍋に入れて煮てやると熱さにたまりかねて豆腐にどじょうが逃げ込み、そのまま豆腐と一緒にゆであがるというかなり残酷な料理である。
この名前で出している店もあるそうだが、ネットで読むかぎり、実際に試すと どじょうは豆腐に逃げ込まずにゆであがってしまうらしい。
結局はゆであがるのだが、豆腐の中の具としてどじょうがあるのが期待される料理なのでばらばらではダメなのである。所詮は落語で終わってしまうのが残念である。

もし、どじょうでの地獄鍋ができるのなら、穴子でも可能かも知れない。
私の地域は穴子料理では有名なほうなので、1品増えることになる。
しかも、その迫力たるや、どじょうどころの比ではない。40cmぐらいの穴子が何匹も豆腐めがけて、バタバタと、鍋の上で踊りまわるのである。客もかなりの勇気がいる。

、、、とまあ、所詮作り話で盛り上がっても仕方ない、と思ったのであるが、もう少し柔軟に考えてみよう。
豆腐だからダメなのであって何か本当に穴子がもぐり込んでいく食材を探せばいいのかもしれない。温度の問題なら探すのはたやすいだろうし、感触とか他の条件があえさえすればいいのだ。
要はもぐりこむというパフォーマンスとできあがった「穴子鍋」という結果があれば客は喜ぶ。

と、まあ、我が愛する明石の郷土料理のアイデアを考えてみて、あまりのくだらなさに
ここに落書きしてお終いにする。
                                        終わり



注)ただの冗談です

| | コメント (2)

2009/10/18

得た魚、失った魚

明日の日曜(これ書いてる時点では今日)は、息子の音楽発表会だそうで、観にいくか
どうかはともかく(大きい音とか群集とか苦手なんです)、車で送迎ぐらいはせねばと。
というわけで釣りのお誘いを受けていたのですが、残念ながらお断りを入れてました。
天気予報では雨ということでしたので、まあいいやと思っていたのですが、、、晴れとる。
そわそわしてきまして、奥さんが背中を押してくれたので、夕方から
半夜釣りだけ行かせていただきました。
神戸空港でタチウオです。

日が沈むあたりで現地着。
やっぱり土曜の夜は人が多いです。あいさつして、すきまに入れてもらってウキ釣り。
電気ウキの向こうには写真のようにポートアイランドとさらに向こうに神戸や六甲山の灯りが。

P1020874

ぼーっと眺めていながら神経は鋭くウキの灯りを見てるわけです。
ところがこの日は先週にひきつづき、釣れない日のようでして、しぶい。
隣の人達と話しても「今日はさっぱりや、先週は釣れたんやけどなあ」と言ってます。
いやあ、先週、僕はボーズでしたが。

なんとか一匹指3本幅のタチウオを釣りました。

P1020878

前回釣れた時は、巻いてたらいつのまにか釣れてたとか、余所見してたら
ウキが沈んでたとか、のパターンでした。
今回は、ウキがぽつぽつと沈んで、ずーんと沈んだところで、一息入れて
しっかり合わせました。この手ごたえ!!!!たまりません。
前回は指4本幅だったので、ちょっと小ぶりですが、なかなかよろしい。

で、次に来るかと思ったら、やっぱり釣れない状況が続きます。
隣の人のところへウキが流れたので回収してたら、どーんという手ごたえ。
ちょっと、この手ごたえはわからん。ひっかけたか。
なんか、あばれてます。でもタチウオにしてはやけに重いんですが、、、

重いはずです。なんかワニみたいな顔が出てきました。
でかっ

ロッドがもたない気がする。素直に隣の人にタモを借りたらよかったものを
ラインを持って釣り上げようとしたら、ぷつーんと切れちゃいました。
「あー、ばれた」と私と隣の人たち。
「今のでかかったなあ」と次々と声をかけられます。
私は途中で切れてるワイヤーを眺めつつ、悔やんでおりました。
最初のタチウオの時にワイヤーが痛んでいたのかもしれません。確認してなかった。
痛んでなくて切れたのなら仕方ないですが。

でもワイヤーの途中で切れてるんだから、タモがあっても結果は一緒だったかもとか
自分を納得させようとするのですが、、、、、、あーーーっ

というわけで、タチウオを「ちゃんと」釣ったのと、大物を逃したという悔やみが
からんだ複雑な釣りになりました。

さきほど帰宅して、例によってしゃぶしゃぶ用にさばいて、これを書いています。

今頃、小杉さんや、まちゃのすけさんらは徹夜釣りをしてるはず。
僕は明日にそなえて寝ます。

| | コメント (0)

2009/10/10

タチウオ第3の挑戦

行ってまいりました。タチウオ釣りに神戸空港ベランダまで。
金曜の夜9:00は日曜の夜ほどではないにせよ、空いておりました。
ということは土曜が劇混みなんですね。
某釣りコミュの人たちと合流。今日は心強い。先週は12時頃でさみしくなって心折れてました
から。朝までがんがん釣るぜ。
2匹タチウオが釣れたという話を聞いて、さらにやる気が燃えます。
仕掛はほとんど用意してあったので、短時間にセッティング、、、ん?
店で買ったササメ針のタチウオ仕掛針が2本ついている。先週は1本針やったのに。
一応説明書通りにキビナゴに刺してみますが、今ひとつしっくりきません。
投げるとキビナゴが無くなったり切れたり、、、、
このあたりHIROさんにあとでご指導いただきました。ちょっと慣れが必要。練習だな。

やる気の炎は燃えているのですが、無駄に燃えていきます。つ、釣れない、、、。
当たりすらありません。風は冷たくなるばかり。ウィンドブレーカーを着込みますが
つろうおます。

なかなか釣れないなか、HIROさんがテンヤ(餌はアジ)で仕留めます。おおっ

しかし、私はまったくだめで、結局ぼーずのまま夜明けを迎えてしまいました。
一度だけ当たりがあったのですが、あわせがすっぽぬけてしまいました。
あれはもう少し待たないとだめなんだ、きっと。10秒数えろと入門書などに
書いてありまして一応カウントしたんですが、たぶん2秒間で10カウントしたんだと
思います。

帰りにHIROさんがなんとせっかく仕留めたタチウオ2匹をくださりました。
かたじけない。
ご恩はいつか立派な一人のタチウオキラーとなってお返しいたします。
それまでは課題がいっぱいだー。

P1020869

| | コメント (0)

2009/10/06

道場

基本稽古まではよかった。体力温存できたと思った。
ところが次の股関節の柔軟で汗がふきだし、スタミナが完全に切れた。
移動稽古まったくできず。
先生に「動作が固い。もっと力を抜いてやりましょう」と言われた。
太りすぎもある。とにかくやせる。スタミナつけるだ。
でも週末釣りだしなあ。

| | コメント (0)

2009/10/05

タチウオのしゃぶしゃぶ

昨日釣ったタチウオをいただきました。
とりあえず3,4等分して3枚おろしみたいな感じでやってみました。
背びれの骨が結構あって、最初とまどいました。
小骨が残りやすいから気をつけないといけませんね。

刺身はしょうが醤油で

P1020859

しゃぶしゃぶもしょうが醤油で。これが奥さん、息子にも好評でした。
あぶらと臭みがほどよくとれて、おいしいです。

P1020860

骨せんべいは醤油、砂糖、しょうが、片栗粉で揚げました。

P1020861

いやあ、ごちそうさまでした。お手手をあわせて幸せー指でOK

| | コメント (0)

初めての太刀魚 神戸空港

10/3 (土)に神戸空港ベランダ22:00頃釣り開始。
家を出たのは20:30頃だったのですが、エサ購入と現地で「神戸空港ベランダ」の場所が
わからず少し迷ったのと、仕掛け作りに時間をかけてしまい、そんな時間になってしまい
ました。
いや、しかし混んでました。合間に入れてもらいましたが、ピーク時はどうなるんだ、ここは。

去年買ったエサ釣り仕掛け。電気ウキにはじめて灯りが燈る。
ワイヤーの先についた針をキビナゴに刺して投げます。
刺し方は眼を通して胴体に刺すというやり方で、釣具屋でもらったガイドブックに
従いました。あごを刺すだけというやり方も書いてありましたが、投げたとたんにちぎれて
キビナゴだけどっかへ飛んでいきました。
ここで重大なミスに気づきます。3号のウキなので3号のガン玉をつけたら飛ばないわ、
ウキは立たないわ、あきらかに重さ不足です。
だってガイドブックや持ってる入門書には「3号のオモリ」が○で描いてあるだけなんだもん。
釣り業界は単位の統一をはかったほうがいいのではないかと、責任を何かになすりつけつつ
仕方なくガン玉を串団子のように足していきます。ちょうど月見団子だ、さすがだな、俺。
そんなこんなをやっているうちに時は過ぎ、あっというまに24:00過ぎ。
なんか周囲も釣れてないし(知らなかったが実は某釣りコミュの人たちがちゃんと
釣っていた)、心が折れて帰ります。つうか次の日は息子の空手の昇級審査が朝から
あるので、そっちも気になっていたし。またリベンジすれがいいや。

で、その次の日の昇級審査が終わって夕食を食べてから、むずむずと前日の太刀魚の
リベンジがしたくなってきました。パソコンに仕掛けを購入時にメモしてるではありませんか。
見るとちゃんとタル型オモリと書いてあります。太刀魚の仕掛けを購入したときは今は
つぶれてしまった釣具屋で相談したのでした。たぶん、そのとき購入したオモリは他の
釣りで使ったのだと思います。
mixi見ると昨夜は某釣りコミュの某氏らが同じ神戸空港ベランダでちゃんと太刀魚を
釣ってると書いてあるし、、、、、、
ダメ元で釣りに行ってみるか!独りでも経験を積むしかないっす。

今度は現地にスムーズに到着。仕掛けもさっさとセットして20:30頃に釣り開始。
日曜日の夜はやっぱり人が少ないです。さみしいくらい。
投げてみますとスムーズに飛びます。ウキも立っているようだし、昨夜と大違い。
潮は左に流れ、ウキは隣の人の側まで流れていきます。
いかん、いかんと巻きますと

             重い手ごたえが。

隣の人のラインにひっかかったかとあせりながらとにかく巻きますとバシャバシャと
音がしだすではありませんか。
おおお、、、、、釣り上げると銀色に光るサーベル! 太刀魚だー。
仕掛けとるより写真とるです。ケータイで嫁さんにメール。指が震える。
で、間違っても口に指をつっこまないように気を付けながら慎重にサバ折り(^^;で締めます。
しかし怖いギザギザの口してんなこいつは。お友達には慣れない。
で、釣れたポイントに仕掛けを再び投入したいところですが、何しろお隣さんの目の前に
流すわけにはいきません。後ろ髪をひかれつつ別のところで釣れてくれとまた投げて
いきます。タナの調整が重要らしいのですが、とりあえず釣れたこのタナの1ヒロ半で
やるのだ。
しかし、どうもさっきのまぐれは続きません。うんともすんとも。
待ってるだけも何なので、他の竿でウキ釣りしてみようとエビなんぞをつけたり。
ふと、太刀魚のウキを見ると水面に浮いてるはずのウキが沈んでいるではありませんか。
当たりだ。しかし、早あわせはいけないそうでしてウキが沈んで10秒数えてからあわせろ
とか、ガイドブックやら本やらに載ってたのを思い出すのですが、何しろ余所見してた
わけですから、もう10秒たっとるかもしれないわけです。
3秒ぐらい様子みて、えいやっとあわせます。
おお、ぐいぐいきとる。2匹目の太刀魚です。ばしゃばしゃ。
これも大きいんじゃない?幅は顔のあたりが指4本ぐらいなんですが、普通はどのあたりの
部位で計るんだろ。長さは89cmでした。(今計りました)
どうも周囲は少ないし、いやいいことなんだけど、ちょっと寂しくなってきました。
たぶん、もう満足してしまったのでしょう。
集中力が途切れてきたので23:30に終了しました。90cm近くを2匹。充分充分。

P1020856

で、帰宅して1匹は明日家族にみせるためにはらわたとえらだけ取り、1匹は3つにぶつ切り
にしてそのうち1つを刺身でいただきました。小豆島醤油4年ものとあって美味しい!!!

なんやかんやでもう3:00過ぎてます。書いてたら夢中になりすぎました。
初めての魚は興奮しますね。

太刀魚のウキでのエサ釣りは今回は
ウキがわかりやすく沈む→あわせる→てごたえ→とにかく大物
と、なんかわかりやすい図式で、ここんところたまってた鬱憤をはらしてくれました。
いつもわかりやすく沈むわけではないそうですけど、いやあ、良かったあ。

| | コメント (0)

2009/10/04

タチウオ初挑戦 玉砕

神戸空港に夜10:00頃到着。出発はもっと早かったのだが、釣具屋で仕掛けやエサを
買ってたら時間を食ってしまった。
キビナゴをガイドブックを片手にフックをつけて投げてみる。
飛ばない。
んでもってウキが立たない。
どうもオモリの重さが悪いらしい。ガン玉3号と他のオモリの3号は違うのか?
12時すぎまでねばったが周囲も誰も釣れてないし、明日は息子の空手の
昇級試験なので、撤収することにする。
撤収作業中に隣に入ったルアーマンが「このあいだ、今の時間からが釣れたんですよ」
と言ってたのが気になった。( ̄▽ ̄)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »