« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/29

空色のメロディ

1297115334_223s_2

ブックオフへ行ったら水沢めぐみの「空色のメロディ」の文庫本がありました。
立ち読みして2秒後に耳まで赤くなるというか胸がかゆくなるというか、、、
ええーいと投げたくなる衝動にかられ、あわてて棚にしまいました。
ちょうどポニーテール白書の次の作品だそうで、あの頃のこういう絵柄が一番好きですねえ。 
80年代創作少女ものの同人誌ってこういうものじゃなかったあっ?(ここで机をたたく)

ポニーテール白書もそうですが、空色のメロディも私がファンである谷山浩子が曲作って
まして、そういう意味でも入手しておきたいコミックなんですよね。
作詞が水沢めぐみで歌は谷山浩子本人バージョンと笠原弘子バージョンが
あります。
でもなあ、また読むのに「床をきゃーとか言いながら転げ回る」ことになるからなあ。
悩みます。

| | コメント (0)

2009/09/28

その名は電気ウキ1号

またもや小豆島キャンプの時の話です。

シーカヤックで渡った弁天島で、私はあるものを拾いました。
Panasonicの電気ウキ1号です。
私は8月にこいつを明石新波止でなくしておりまして、たぶん海に落ちて
ふらふらと瀬戸内海を流れて弁天島に流れ着いたと。
そこへ持ち主の私が現れて感動の再会となったのでした。
うーん、美談だ。

まあ、私がなくした電気ウキ1号にはNationalと書かれていたはずですが
少々のことは気にしない気にしない。

| | コメント (0)

運動会と太刀魚

小学生の息子の運動会でした。
一年に一度しか使わないビデオカメラをもって撮影しましたが、今年はうまく撮れず。
それsにしても周囲の人の持っているビデオカメラの小さくて軽そうなこと。
でも最近はハイビジョン対応でないとなあと思うと結局高くなるんですよね。

夕方は早めの夕食ですしをたべにいきました。義理の父は元すし職人でして
太刀魚のさばき方を教えてもらいました。とても簡単だそうです。
上と下に切れ目を入れて、尻尾に包丁をいれるとすーっととれるそうです。
そうかー、、、、、、、無理や。あせあせ(飛び散る汗)

| | コメント (0)

2009/09/26

小豆島 キャンプ

小豆島で二泊キャンプしてきました。キャンプで泊まったのは8年ぶりぐらいです。
泊まったのは小豆島ふるさと村オートキャンプ場。良い芝生のところで息子ははだしで
転げまわってました。

Camp

一日目は午前に寒霞渓をドライブして昼にオリーブそうめんという緑色のそうめんをすすり、
キャンプ場で2時にチェックインしてすぐにテント設営。1時間半ほど釣りしてチャリコ
(鯛の稚魚)が一匹だけ釣れたので夜のごはんはチャリコ飯に。300円の釣り桟橋で
やったのですが、あまり魚影はなかったです。まあ、お遊びです。負け惜しみ。
夜はしゃぶしゃぶをしました。BBQと違ってなべなどが汚れないし、
肉はもちろん良いものを使うのでかなりのヒットでした。
二日目の早朝にコーヒー沸かして飲みながら夜明けを見てました。
朝飯は嫁さんが最近購入したホットサンドメーカー(スノーピークのトラメジーノ)で
ホットサンドです。これが美味!!!

Meshi

午前中は道の駅で
シーカヤック教室で沖の小さな島を一周してあそびました。すももソフトクリームが
おいしいです。沖の小さな島は弁天島という弁天様の社があるところなのですが、
その島で15分休憩してたら、有名人が二人乗りのカヤックでやってきました。
乙武さん!。一人で写真撮影とかしてはりました。芸能人でないから記念撮影とか
できねー。
Kayac

昼はうどんをいただきました。

Udon

道の駅小豆島オリーブ公園に大きなお風呂があるので
そこで汗を流しました。ただ、道の駅はともかく風呂には客がほとんどいませんでした。
簡保やら郵便年金の金の融資で設営運営と看板があったけど、いやどれだけの赤字
だしてるんだろ冷や汗。民営化はやっぱり正しいわ。
夜はカレーを作りました。昔はキャンプといえばカレーだったのにいつのまにかBBQに
なったねと嫁さんがいってましたが、確かにそうだなあ。
炭火でことこと煮たカレーはおいしいです。
三日目の朝もホットサンド。リンゴをいためてはさんだアップルサンドです。美味!
10時にチェックアウトして、しょうゆ工場へ見学。つうか行くところがないので仕方なく
という消極的な選択だったのですが、これが穴場で大ヒット!
小さな醤油工場なのですが、138年は歴史があっておそらくそれ以上は間違いないという
木桶でもろみから作る伝統的手法で作られていて、私の足下にはそのもろみが。
ここに入ったら間違いなくおぼれ死ぬ。そこでお昼をいただきました。
トコロテンに醤油をかけていただいたのですが、醤油はもちろん美味しく、またトコロテンが
寒天臭くないのです。また黒豆の煮豆をいただいたのですが、、、甘いのにしつこくなく
こんな美味しい煮豆はうまれてはじめて。みやげに購入しました。
観光バスが入るスペースがない小さな路地の奥にある木造のしょうゆ工場は今回の
小豆島旅行の最大の発見でした。

Syouyu

というわけで今回のキャンプは思いがけずかなりの食い道楽でした。
天気にもめぐまれ、渋滞に巻き込まれることもなく、よかったです。

小豆島では結局釣りがほとんどできなかったので、帰った翌日の今日、近所の明石の海で
2,3時間ほど釣りしてきました。ガシラが一匹。うーん、釣れん。

| | コメント (0)

2009/09/19

久しぶりに道場

マイミクのくまぺこさんの道場通いの話があったので、それで後押しされて久しぶりに
道場へ行ってきました。
7kgは太りましたね、と言われました。
いやあ、汗かいた。まじめに通ってたらやせるはずなんだけど。

白帯通しでミット打ちや組み手の相手が女子中学生だったりで、やりにくい。
でも実は小学生からやってて強いのを知ってるので、向こうが手加減してくれているのが
わかるのでさらにやりにくい。(^_^;

技を覚えても体が柔らかくないとだめですと言われた。鋼鉄の体に僕には辛いお言葉。

| | コメント (0)

2009/09/13

岩屋 一文字

渡船ではじめて波止へ渡りました。岩屋の一文字というところです。
雨が降っていたのですが、雨雲レーダーなど予報とにらめっこのあげく、これは雨は
あがるだろうと判断。
あがるまでは当然雨は降っているわけで車で明石心海峡大橋を渡り岩屋へ。
エサピチ(24時間オープンで有名な店)青イソメを1000円分購入。
はっきりいって500円で充分でした。もったいないことをしました。
8:30PMに皆さん集合。ぽんぽんと音を立てながら渡船は目の前の一文字へ渡してくれます。
そのころにはうまいことに雨があがってました。すばらしい。

この日は徹夜してまして朝にキス釣りしてたものですから少々体力が心配です。
皆さん、ルアーですが僕は投げです。ナス型オモリや天秤にセイゴ針。
どうも仕掛が中途半端なんだよなあ。
こんど行くときはよくよく考えて仕掛とか用意することにしようと決意。

で、隣でばんばん皆さん釣られる中、私まったく釣れません(涙
やたらと海毛虫がつれます。大嫌いだよ、こいつ。生理的にだめだ。
餌も仕掛も同じなのでアオイソメのたらしの長さではないかと小杉さんが推測。
そうかもしれない。これを書きながらこんどは思い切って短くしてみようと決意。

暗いうちは湾内を狙っていたのですが、明るくなってから湾外、つまり明石海峡側で
釣ってみることにしました。足下が狭いので暗いうちは避けていたのです。
とりあえず、一本針にしてウキつけてアミエビつけてアジ釣りだ。
結構、引くし、またタイミングが難しい。針の大きさが8号ではちょっとでかいみたいで
でもこれ以上小さいの持ってないしな。早合わせでないとかかりません。
ほとんどヘラ釣りしてるみたいで結構楽しいです。
そのあと、思いきって投げてみました。
すると第一投で7,8cmのチャリコが釣れました。一応ボーズはまぬがれたのかなあ。
もちろんリリース。
最後はベラを釣っておしまい。

今度リベンジしようと皆でいいあいました。僕も個人的にちょっといいかげん
対策を練って釣ろうとかいろいろ考えるところあり。
五目釣りなら五目釣りでもっといい方法があるはずだ。
それに夜だしケチらずケミホタルを使おう。怖い。

渡船は往復1300円。岩屋も高速船使えば往復1000円くらい。
まあ、荷物など考えたら車でいいような気がします。

で、釣りとは直接関係ないのですが、来週行く予定になっているキャンプ用に買った
LEDランタン、ジェントスEX777XPが大活躍でした。いやあ心強かった。
電池もエネループ単3を単1アダプタにしただけでも充分使えたし。

| | コメント (0)

2009/09/11

つらいなあ

今日は奥さんにダメだしを食らってそのあげくアルバイトをしろと迫られた。
アルバイトかあ、ガードマンとかかな。
銀行に寄って残りのお金を見て愕然となる。予想以上に少ない。
まじでやばい。
頭をかかえずにいられない。

| | コメント (0)

2009/09/06

生まれてはじめてのシーバス

昨夜は新波止で釣り。ガシラとアナゴ一匹ずつ。
その翌日、いつものH漁港でのオフ会。これを書いている今意識が飛びそう。
やることといえばいつもの五目釣りの投げ。まあ、ほとんとアナゴ狙いみたいなものなんですが。
昨夜と違って強風、ちょっと寒いくらい。流されるので8号のナス型オモリでは心もとなく、仕方なく天秤オモリ15と20号をセット。いつも明石海峡向けに30号とか使ってるからなあ。15、20号持ってきて良かった。
セイゴ針13号をつけてぽいっと投げる。

アナゴ2匹を釣った後、、、、、、いつものようにちょっと重めの感触。
「あー、また海草だよ」と巻いていくと、いきなり「バシャッ」とはねた。
なんじゃあと釣り上げてみると、こ、これはスズキ君じゃあないか。シーバスだあ。

さっそく報告するとベルシウスさんが計測してくれて「ハネ」認定。

うれしいよー。
生まれて初めて釣った、すずき(シーバスというより日本名のほうが好き)のハネくんです。
セイゴも釣ったことなかったのだ。

うう、今回行って良かった。

皆さん、おつかれさまでした。そしてありがとうございました。

P1020696

P1020699

P1020702

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »