« パソコンこげくさい | トップページ | 電気ウキ君、どこ行ったんや »

2009/08/19

大蔵海岸の真夏日の昼釣りは無謀

午前8時半ごろに朝霧駅を降り、いざ大蔵海岸へ。
そのころにはすでに太陽がきつくなりつつありました。
僕がもっている竿は磯竿と投げ竿でございます。まあ嫁さんや子供のもありますが僕は3本以上は処理できないので(3以上はたくさんと数える頭の悪い人です)、これでやります。
青虫つけて投げます。明石の潮は早いのですがここは特に早く、近くのまるは釣具店でも「25から30の天秤おもりを」と書かれています。でも25じゃ流される~。
べろんべろんの磯竿に30のおもりはきびしいものがありまして気をつけて投げます。
いちおう力糸つけているんですけど意味あるのかな。
根掛かりしてぷっちんぷっちん切れてしまいます。うーん、円盤型とかスパイク型ってやつの
ほうがいいのかしらん。
30のオモリでも流されていきまして隣とひっかかってしまい、あやまってから巻いてみると
ベラがついておりました。あまり好きではないのですが、とりあえずゲットであります。
私は大蔵海岸で投げで釣れるガシラくんが好きなのですが、この季節は厳しいか、さすがに。
かんかん照りというよりごんごん照りでして頭が煮え立ってくるこの暑さ。途中でジュースを
3本買いに行きました。おとなりの海水浴場は30日までやってるそうで、若者がBBQやら
砂遊びやらまあ健康的なことをやっているのになんで俺はこんな修行僧みたいなことを
つうか日射病で死んでしまうぞごらあと誰にこの怒りをぶつけたらいいのか。
って魚にぶつけるしかないのであります、釣りですから。もう何を考えたらいいかわかんない
暑さなのであります。
そうこうするうちにベラが2時間に一匹ぐらい釣れると。
海はイワシらしき群れとそれをばしゃばしゃとトップでおっかける魚が。あれがあこがれの
スズキなのか!つうかトップにでてくるのは夜だと思ってたけど、ただの先入観だったのか。
まあ、ほかの魚か大蔵海岸で泳いでいる人なのかもしれませんが。

そうこうしますと神様が哀れんでくれたのでしょうか、私にチャリコを釣らせてくださった
のであります。13cmほどでございます。この日記は釣り人以外も読んでくださっている
はずなので説明しますと、チャリコとは鯛の子供であります。明石鯛には違いないのです。
私は暑さとベラで参っていたのでこの13cmのチャリコで救われたと思いました、はい。
すでに頭の中で今日のご飯の献立が決まったからであります。

やがて3時過ぎにとうとうエサの青虫が切れてしまいました。ちょっとだけまだ釣りたいと
いう意志がこの沸騰しきった脳髄の片隅にありまして、ベラをナイフで切り裂き、これを
エサにしたのでありました。
やってみるものですね、20cmのメゴチ(がっちょ)が釣れました。
今日は小さなベラとチャリコとオコゼしか釣れてなかったのでいちおうフィナーレに
ふさわしいものとなりました。実はベラ以上にメゴチが苦手なのでリリースであります。
白身で天ぷらとかおいしいんですが、まあ1匹だけだし。感謝の念をもって。
誰かのもったいないという言葉が聞こえるようでありますがもう献立は決まっているのです。
これから夕まずめなのですが正直体力がございませんし、夕飯の支度もございます。

私はふらふらになりながら水着の若者の群れの中を釣り道具をもってふらふらー
ふらふらーとなりながら駅に向かいました。帰宅の途中でコンビニに寄りアイスを2本。
家にたどりついてエアコンを18度設定にして水風呂で体のほてりをさましますが、
たぶん、脳組織の一部の細胞が壊れているに一票!

で、今日の献立ですが、もちろん
     鯛飯!!!
であります。サイズ的に完全にチャリコ飯ですが。
自分一人分のご飯を炊くのでこのサイズで実は十分でして、炊飯器では小さすぎるし
土鍋は持ってないので、元キャンパーらしくコッヘルでチャリコ飯を炊いてみました。

P1020660

P1020664

一匹そのまんま炊いたのでアラで出汁をとるのと同じです。
昆布いれなくてもいい味がでました。
嫁さんにも好評でありました。
お茶碗に載せるとなかなか可愛い鯛飯です。

P1020675

チャリコばっかり釣って炊飯器に並べるというのもいいかもしれませんね。
小骨の問題が残るけど。

実体験に勝るものはないといいますが、いや今日は本当に教訓になりました。
いい教訓とは決していいません。倒れかけてましから。
このあいだの須磨海釣り公園は海の中だったからまだ 暑さを感じなかったのでしょうか。。。。

|

« パソコンこげくさい | トップページ | 電気ウキ君、どこ行ったんや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンこげくさい | トップページ | 電気ウキ君、どこ行ったんや »