« この春のアニメは | トップページ | 明日の祭日は釣りに行くのだ。 »

2009/04/19

初堂ノ浦

鳴門の堂ノ浦でメバルを釣ろう!
そう思ったのが馬鹿だった。準備不足と腕不足。
6時に電話して予約。細川渡船。
嫌がる息子をなだめすかして、明石を出発。淡路島を通り過ぎ鳴門北ICで降りる。
鳴門ICのほうが早かったみたい。ルートはややこしいけど。
8時半に到着。シラサエビを餌屋で購入して、細川さんところで車を止めて携帯に電話。
すぐに船到着。行きの釣り客は僕ら家族3人だけ。高速の船はあっというまに筏へ。
筏でさっそく胴突き仕掛けにして底に落とす。タナがわからないので底に着底してからちょっと上げてみる。深いからわからんのだ。
そしたら、すぐに当たりが。ハゼだった。こりゃあ、際先がいいと思っていたらどうやら偶然だったみたいで、それからうんともすんとも。
奥さんにも当たりすらない。
船頭さんが途中で寄ってくれてタナに合わせた餌撒き機を貸してくれた。これは店でみたことがある。これってそうやって使うんだ。竿の先にぶらさげて使うらしい。穂先がいかれた竿ならあるなあ。
そはともかく、それを使う場合、エビは20杯はいるらしい。2杯しか用意してない。1万円ぐらいかかるではないか。ひょえー。
ウキ釣りにフグがかかったが、あとは何も反応せず。サヨリが釣れているという話だったのでサヨリ仕掛けにしてみたが群れが見当たらないのでやはり釣れずで、予定の3時を切りあげ2時の船で帰ることにする。
帰りに明石の魚の棚により、ガシラを買い今晩のおかずにしてもらう。

実は今日は結婚記念日なのであった。12年目のはずだ。

今回、わかったことは自分はやはりタナがさっぱりわからんということと、メバルの習性がわかっとらんということ。つまり昼だから底にへばりついていると思っていたが、底から1ひろ半は上の中層にいるということとか。こういうところで釣るにはそれなりの装備と金が必要ということ。
何やらいろいろ勉強になったが高くついた。
とにかく、しばらく息子を釣りには連れていけそうにない。

|

« この春のアニメは | トップページ | 明日の祭日は釣りに行くのだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この春のアニメは | トップページ | 明日の祭日は釣りに行くのだ。 »