« 江井ヶ島 | トップページ | 余部鉄橋 »

2007/05/04

HDDクラッシュ

GWのある日にそれは起こった。PCが突然落ち「Rキーで回復コンソールを起動してなんちゃら」と画面に表示されたのだ。回復コンソールって何と思いながらそのとおりにしてみると同じ画面になる。そしてとうとうキーボードを認識しなくなってしまった。Rキーどころじゃないのだ。つうかBIOS画面を呼びだすためのDELキーを押しながら起動するという作業すらキーボードが使えないのだからできない。仕方なくマザーボードの電池を抜いてBIOS初期化。キーボードの認識ができた。そこから地獄が始まった。
最近とくにWinの起動が遅くHDDへのアクセスランプがつきっぱなしのことが多かったので、「何かごみファイルがあるのだろう」と思っていたが見当はずれでHDDそのものが逝きかけていたようだ。そしてシステムを入れていた80GBのHDDがご臨終したわけだ。
さっそくパソコン工房へ車を走らせHDD320GBを購入。SATAにしてみた。が、認識しない。別PCでネットを検索してBIOS画面のSATA設定を調べるが、どうもこのBIOSの設定項目がヒットしない。どうしてもだめなので仕方なくIDEとして使うという設定にした。(意味ないがな)
160GBのHDDにこういうときのために20GBのほどのパーティションを作ってWinをインストールしてあるのでこいつで起動する。そして250GBのHDDにバックアップというかコピーデータがある。こいつの余分なファイルを整理して160GBのHDDにあるデータを250GBのHDDにコピーすることにして(このあたり記憶があいまい)、いろいろやっていたら250GBのHDDのバックアップのデータが消えてしまった。なぜだ。
落ち込みつつ、160GBのHDDのデータを使おうとしたらなんとこのHDDがリトライを突然繰り返しだす。偶然とは恐ろしいものだが必然ともいえる。外付けケースにいれて持ち運びしたり何かと乱暴にあつかっていたのでそのつけがタイミングよくここの場面で出たらしい。
というわけで2重にとってあったバックアップが全部消えた。
320GBのHDDを買っても80+160GBがなくなってしまったので、うれしくない。250GBのHDDにWinをフルインストール。その後、気づいた。250GBなのにWin上で130GBほどしか容量がないのだ。何がなんだかわからなかったが130GBあたりで壁があり、BigDriveへの対応はSP2でないと駄目らしい。んでもって非常用WinはSPを当ててないのでこいつをSP2にして、再びパーティションを当ててフォーマット。フルインストール。
いろいろソフトをインストールしなおし、どうにか環境を戻すまで2日半かかった。貴重な1日は雨戸もあけず朝から夜まで作業していた。不毛だ。
俺は絶対SEとかパソコン工房の従業員とかに不向きだよな。

|

« 江井ヶ島 | トップページ | 余部鉄橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江井ヶ島 | トップページ | 余部鉄橋 »