« ラベンダー 挿し木 | トップページ | 小畑健タイーホ »

2006/09/04

DQN原付にオカマほられた

渋滞中の国道。
ノーヘル2人乗りの原付が走りぬける。反対車線にパトカーがいて「こらっ」と怒鳴っていたが、パトカーがUターンしてもこの渋滞では逃げ切れるだろう。

なんて思っていたら、前の車が止まったのでブレーキふんだら「ドン」と後ろからショックが。

やはりノーヘルの兄ちゃんがオカマをほりやがった。このやろと思ったが、側道をすりぬけて逃げていく。ナンバーだけでもと思ったら、ナンバープレート自体がない。どうしようもないDQNだ。

確認したら、後ろのバンパーが30cm四方傷だらけ。ライトのレンズもひびが。
むかむかしながら、この先にディーラーがあるので寄って見積もりだけでも取ってもらうことにする。

ディーラーの人がじーっと傷を見た上で、濡れたスポンジとウェスを持ってきた。そしてこすりはじめた。「これはスーパーセラミックコートというものを混ぜたものです」
確か、車体の光沢を保つとか小さな傷をふせぐとかオプションで書いてあったやつだ。
どうなるのだろうと思っていたら、みるみる傷が消えていく。

「おおっ」

完全に傷が消えてしまった。傷なのか上からついた塗料なのかよくわかんないけど、オカマほられる前よりぴかぴかになってしまった。

すごいぞ、スーパーセラミックコート!技術力万歳。

ちゃんとやってもらったら4万円だそうだが、効果を目の当たりにすると検討してしまいそうだ。

|

« ラベンダー 挿し木 | トップページ | 小畑健タイーホ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラベンダー 挿し木 | トップページ | 小畑健タイーホ »