« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

記事をマンガで描くと大変です。

先日のエントリーそろそろ釣りかは、以前自分のHPでやってたFLASH釣り日記を思い出しながら描いたものです。吾妻ひでお先生のHPのマンガ日記読んでたら、マネしたくなったので、アイデアパクッてみたんですが。

FLASHはどっかいってしまったので(CDROMはあるのでインストールすればいいんですが)、紙に描いてスキャナーで読み込んでphotoshopで文字入れただけですが、結構手間です。

こりゃあ、面倒で続きそうにないですなあ。FLASHの場合はアニメーションとかちょっとびっくり的な要素を入れてみたりして結構楽しかったのですが、静止画だけだと面白みを出すのは本当に頭使います。マンガにするならちょっとは自分だけでも面白いと思えるものにしないと描く気力もなくなるというもの。。。

まあ、気長にやって続きができたらいいですね。

でも全部絵にしちゃうと検索とかひっかからないよなあ。

| | コメント (0)

2006/04/27

そろそろ釣りか

20060426turi

| | コメント (0)

2006/04/21

カカオ99%

噂の明治製菓のチョコレートCACAO99%を奥様に買ってきてもらいました。
近所のコンビニになかったんですよね。探していたのです。

、、、いやあ、苦いを通りこして酸っぱいぞ!

すごい食い物です。すぐ売らなくなるのは間違いないので今しかないね。味わうのは。

といいつつ今食べてみよう。。。。食べないといつまでたってもなくならない。

| | コメント (0)

2006/04/18

徳島の海人を祭る祠

20060418kizaki

最初、誰を祭ってるのかな?と思っていましたが、日本書記にでてくるそうです。なんと徳島の海人でした。狭磯と字が違いますが同一人物。

『海人・男狭磯(おさじ)の物語』

大和時代 -ある日、豊かな狩猟場・淡路島へ狩猟に出かけた允恭(いんぎょう)天皇は、その日はなぜか一匹の獲物にも出会いませんでした。不審に思い占いをたてたところ、島の神に赤石(明石)の海底にある大きな真珠を奉納すればよい、ということがわかったのです。そこで、多くの海人を集め、取らそうとしたのですが、海はあまりにも深くだれも海底に行くことすらできません。その時、現れた男が、濃いヒゲ、りっぱな体格、阿波国那賀郡生まれの男狭磯。彼は天皇の命を受け、海底へ。一度目に腹がピカピカ光る大アワビを発見し、再びそれを取るために潜ったとき……いっこうに彼の姿は海面にあがってきませんでした。時が立ち、水面に大アワビを抱えた彼の姿が…しかし、ふうっと空高く息をはいたのが彼の最期でした。そのアワビからは桃の実ぐらいの真珠がとれ、無事に奉納、それからは大猟続きだったということです。男狭磯の死を悲しんだ天皇は、明石の無量光寺で彼を厚くとむらったと伝えられています。

海の神様も天皇もひどいやつらです。淡路島で狩りがうまくいかないぐらいで明石の海で徳島の海人を潜らせるなよ。やっぱり高速バスで鳴門自動車道使って明石へ連れて来たのかなあ(w

| | コメント (0)

藤江の浦に、、、 (万葉集より)

20060418fujie 藤江の浦です。有名だそうです。そうなんですか? 万葉集の柿本人麻呂の歌が以下の解説で紹介されています。(私は国語は落第な人なんで無知です)「あらたへの 藤江の浦に すずき釣る 白水郎 とか見らむ 旅ゆく吾を」その藤江の浦がこの写真の海です。

明石海峡が生み出した名産と歴史 http://www.city.akashi.hyogo.jp/sangyou/kankou_ka/uontana/u1.html

歌:あらたへの 藤江の浦に すずき釣る 白水郎 とか見らむ 旅ゆく吾を
訳:こうして小船で沖へ出ると、人は自分のことを、すずきを釣る漁師だと思うだろう

歌物語万葉集1
http://www.cypress.ne.jp/asari/manyo/umi.htm

歌:荒栲の 藤江の浦に 鱸釣る 海人とか見らむ 旅行く我れを
訳:船で旅をする私のことを、知らない人は、藤江の浦ですずきを釣っている漁師と思うだろうか・・・

私の訳:船でぼーっとしてる俺のことを知らない奴は藤江の海でシーバスを狙うバサーと思ってるんやろな

| | コメント (0)

2006/04/17

明石のアンコールワット

20060417ookubo1_1 アンコールワットという感じですが、仏塔ではありません。

大久保駅付近にある西国街道沿いの「明治天皇大久保御小休所」なるところです。

明石を紹介しているHP

子午線の潮風便り

によると

明治18年、山陽道御行幸中の際に、大久保にてしばしの休憩をとられた所である。

だそうです。

20060417ookubo2_1

石碑によると天然記念物と書いてありましたが、何が天然なのかわかりません。説明板もなく、中の建物、庭も手入れがされておらず、屋根の瓦もばらばらに乱れ、窓は雨が入らないように板が打ち付けられているだけです。

20060417ookubo3

ほとんど化け物屋敷です。というか化け物屋敷じゃないのか?
妖怪人間がここで生まれたと言われても俺は信じるね。「お前、人間じゃないね」とか言いながらベラがでてきそうです。

夜にここ入れと言われたら涙よだれ体液垂らしてかんべんしてもらいます。

昼でも怖いです。しかし、もったいないですね。

ここらへんは大久保本陣なるものがあったところだそうで宿場町だった歴史もあるので、えらいさんがお休みになるにはいいところだったんですかね。

明治天皇 小休所 で検索かけてると各地にそんなところがあるようです。他のところは手入れされているのでしょうか。というか誰が管理してるんだ、ここは。

| | コメント (0)

2006/04/15

林神社

林神社。
明石では古い神社である。
祀っている神様も少童海神(ワタツミノカミ)という地元の神様。
少童海神が何かはネットではわからなかった。
(注:ワタツミノカミで検索したらわかりました。海の神様でございます。明石の神様はひかえめなんですかね)

赤石というのは明石の昔の地名でもあり、海にあったという巨大な石のことである。そこから明石という地名ができたということだ。明石の名所のあちこちにこの赤石の話があり、どれだけでかかったのかと思う。

(追記:どうも沖合いに実際にあるらしい。終戦までは見物の対象になっていたそうですが、今は海が汚れて見えないとのこと)

ちなみに祭りのときはみこし(ここはでは布団太鼓と呼ぶ)をかついでこの石段を登るそうだ。さすが漁村の神社。

私の愛読HP
「神社研究部」より
http://homepage3.nifty.com/jinja-kenkyubu/hayashizakigyokou2.htm
「延喜式神名帳 山陽道 播磨國harima」より
http://www.kamnavi.net/en/harima.htm

20060414hayashi1 20060414hayashi2

| | コメント (0)

2006/04/10

やっぱりイチゴ狩

あきもせずイチゴ狩り。冬の間はやってるところが限られているけどこれからのシーズンはやってるところ多いはず。行くところないなあと思っている人は行ってみたら?デートにも家族サービスにも仲間うちでの遊びでもいいと思いますよ。でも1人で行くのはおすすめできない。

20060410ichigo

| | コメント (0)

2006/04/08

お花見!野点!

20060408hanami1 ようやく桜が咲きまして花見に行ってきました。まだ満開ではなかったですね。どうも冷え込んでいます。

昼食でもとろうかということでパンを買ってきてコーヒーを沸かして入れることにしました。野点と呼んでいいのかな?

 

 

 

20060408hanami2 しばらく使ってないアウトドア用のガスストーブにパーコレーター(コーヒーをいれるためのヤカン)を乗っけて湯を沸かします。

パーコレーターは家庭で普通に湯をわかすヤカンとして使うにも便利ですよ。うちはフル活用してます。 

 

 

 

20060408hanami3 wikipediaに書いてあるやりかたは水の状態から粉を入れるらしいですが、私のやりかたは完全に自己流です。

まず皆が敬遠するのが粉だらけで掃除が大変ということです。そこで私はカゴに紙フィルターをつきさしてそこに粉を入れてます。あとで掃除が楽です。

 

 

 

20060408hanami4 沸騰したところで粉を入れたカゴを入れます。
パーコレータは抽出されたコーヒーが循環してさらに抽出を繰り返すということをやるのですが、私のやり方でやるとかなりあっさりとした味になります。

濃かったり苦いのが苦手なんです。

 

 

 

20060408hanami5 ぽこぽこと湯が噴出してやがてコーヒーで茶色に変化していきます。この色加減と時間でカンを働かせてどこで終わりにするかを決めます。

適当です。とにかく沸騰させすぎると味が落ちます。パーコレータは正直味はよくないんですけど、雰囲気は格別です。まさに野点ですねえ。

動画(wmv形式)にしてみましたのでクリックしてみてください。ぽこぽこがわかります。

 

 

20060408hanami6 お茶にしましょ!(『小さなお茶会』風に)

 

 

 

 

 

 

20060408hanami10 使いおわったらこんな感じで、ぽんと捨てられます。洗うのも楽ですよ。

| | コメント (0)

2006/04/05

アクセス解析つけておくれよ

dopstarってアクセス解析ツール使っているけど、いちいちカスタマイズするのって嫌いなんだよね。面倒で。ああー、面倒くさがりさ。けどやりはじめは凝ってしまう。つまり飽き性。

dopstarもNIFTYのサービス内でやろうとしているのでHP用のCGIスペースを利用している。ただこれだと文字コードの違いで文字化けがおこるのが避けられない。実際ほとんど実用性なしだ。他の会社のスペースを借りてたりするからそこを利用してもいいんだけど、割り切れないんだよなあ。

だから、ココログベーシックにアクセス解析がつくって読んだときは素直によろこんださ。

なのに4月になってもちっとも手をつけてやがらねー。

アクセス解析をつける→記事内容によっては反応のよしあしがわかる→はげみになる、ということで、ただでさえやる気なくしてたこのブログもちょっとは記入が増えるかなと思ってたんだけどな。HPのほうはすっかりやる気をなくしちまって。(釣りをまったくしなくなったのが大きいんだけど)

日記をmixiでやるというのも好きじゃないんだよなあ。ときどきmixiのぞいてるんだけど。
頻繁に利用する仲間が増えれば中毒になるかもしれないけど。あそこで個人情報書き込むのもちょっと怖い。NIFTYの頃に雰囲気が似ているとは思うけど、管理面ではかなりゆるいと思うしねえ。

あ、友達でmixi入りたい人は言ってくださいね。招待しますから。まあ、ほとんどが入っているとは思いますけど。ただし二重IDほしいとか言う人は除くです、はい。

| | コメント (0)

2006/04/01

桜の開花はまだです

どうもテレビ観てると桜が満開の映像が流れているのですが、播磨地区はまだつぼみ状態でしてテレビと違和感を感じます。寒いんですよね。

明日は雨で寒いし来週に咲くんでしょうねー。

この時期はここ何年もろくな思い出がないので苦手なんですよ。花粉症とかじゃないよ。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »