« 神戸三宮センター街 オタク街 | トップページ | 淡路島 日帰り旅行 »

2006/01/21

一日使い捨てコンタクトを購入

2週間タイプのソフトコンタクトを愛用していたのですが、最近は平日はメガネ、土日がコンタクトという使い分けをしてます。メガネは疲れるのですが仕事の都合でメガネをかけております。土日はリラックスするためにコンタクトを使っているわけです。で、こういう使い方ですと2週間の14日間の間に4日間しか使えないわけで、もったいないわけです。
2週間タイプというのは寿命が2週間なので一度開封すると使おうと使うまいと2週間後には廃棄する必要があります。一ヶ月以上使い続けている人は多いようですが事故があっても完全に自己責任です。リスクを考えるとそんな使い方は嫌です。
もちっと説明すると2週間タイプは一日使うと寝る前にはずして洗って、次の日にまた装着するという使い方をします。昔はソフトコンタクトというのは煮沸消毒とかする必要があったようですが、今は液体につけるだけでハードコンタクトに較べてもさほどメンテは面倒ではありません。
1日使い捨てタイプは一度装着してはずすとそれで捨てることになっていますので、洗えば再装着して1日使えるというものではありません。「一日使い捨て」という呼び方はおかしいのでしょう。

、、、前置きが長くなってしまいました。
とにかく、2週間のうち4日間だけという使い方なら一日使い捨てのほうが合理的なわけです。毎日メンテナンスする必要もないし、洗浄液の残量を気にする必要もないわけです。価格は、一日使い捨て:2週間タイプ=1:3と3倍高いのですが、私の場合毎日使うわけではないので通常一ヶ月分(30枚)を3,4ヶ月かけて消費することになりますのでコストは同じなわけです。洗浄液の値段分安いかもしれません。
私は左目が小学校の頃から強度の乱視で、メガネでないと矯正できません。コンタクトで矯正する場合はハードコンタクトを使うのがベストだそうですが、ハードコンタクトはひどい思いが多くて2週間タイプのソフトコンタクトに切り替えたのです。ただ、ソフトは乱視の矯正が難しいらしく私の左目では満足な視力がでません。矯正が4段あるそうで、一番最強の4段目で矯正してるそうですが、それでも見えにくいのです。しかしやらないよりはマシなのでそれでやってたのです。

そろそろ本題に入れます。最近1日使い捨てタイプで乱視用というのが出ているのです。私はそれを購入することにして眼科兼コンタクト屋に行ってまいりました。その製品の名前はフォーカスデーリーズトーリック(チバビジョン)です。
ところが説明を聞きますと、2週間タイプが4段あるならこいつは1段しか矯正できないそうです。(どういうことかわからないが、わかったような気にさせるうまい説明です)
で、私の場合は通常より価格が高いコストを考えると、その製品を使うメリットがどれだけあるか疑問ということで、むしろ乱視の矯正はあきらめて左目の近視を矯正する方向で調整してはどうかという提案を受けました。左目には強い乱視+弱い近視があったのですが、今までは乱視の矯正ばかりやってたのです。んでもって左右の近視の矯正をやって視力を出すと。それでしばらく生活してみて不便ならまた考えるという方向になりました。
近視矯正だけのコンタクトなら安くすむのですね。

今日はそいつを装着して一日ですが、まあ左目が見にくいのはいつものことでそんなに変わらないのかもしれません。結果がはっきりするとすれば夜道を車で運転するときとかですね。
しかし、今日一度このレンズをはずすと捨てるかと思うとはずすのが惜しい気持ちになります。同時にメンテナンスしなくていいというのも不思議な気持ちです。

というわけで本日の買い物は一日使い捨て近視矯正用ソフトコンタクトのボシュロムメダリストワンデー左右でした。

|

« 神戸三宮センター街 オタク街 | トップページ | 淡路島 日帰り旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸三宮センター街 オタク街 | トップページ | 淡路島 日帰り旅行 »