« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

神社の石段

20060130ginjya

長い長い急な階段でございました。

| | コメント (0)

2006/01/29

鬼門のマリンピア神戸ポルトバザール

マリンピア神戸ポルトバザールというどこの国かわからん名前のアウトレットモールが神戸市垂水区にあります。南京町中華街というのも同じようなものか、、、違う違う。

このポルトバザールは私の精神面では鬼門のようでして、10回のうち8回は気分が悪くなるという場所なのです。
今日はお買い物で行ったのですが、前日の夜ぐらいから気分が悪くなっていてこりゃいかんと思っていたのですが、ダメでした。朝起きたら気分が変わってるかと思ってたのですがどんよりです。
しかし、これで家にひきこもっていたら一日中どんよりなわけで外出するしかないのです。鬼門へ。

海を埋め立てて無理やりに作ったコンクリートの塊の奥に目指す店がありましてその中でまさに「女子供がぎゃーぎゃー」とうるさいのであります。子供のおもちゃの店なので店の性格上どうしてもこうなるのです。
私の苦手なものが騒音でありまして、どうもこの周波数は特にだめです。しかもコンクリートの閉鎖空間で響いているものですから、しめつけられるような気分です。
別に閉所恐怖症でもなく広場もダメとか色々難しいのですが、なんなんでしょうね。
神経質あるいは神経症なのは間違いないのですけど、ここは特に神経に障ります。息が苦しい。
とにかく店を脱出しまして外の空気を吸ってほっとしたのです。それから食事を予定したのですけど、メニューと店見てげんなり。思い返せばここで食事していい思いをしたことは一度もないのであります。ここと同じように感じる食事の空間があります。大きなスーパーにある食事コーナー。あそこで上から押しつぶされそうなコンクリートの下でじゃかましい喧騒の中でジャンクフードを食べるのが苦痛で苦痛で。最近はがまんするのをやめましてスーパーのあの空間は断固拒否しています。エサですな、あれは。
、、、、完全な神経症ですなあ。

というわけで家に帰って食事をいたしまして、やっと頭から肩にかけてかかっていた重いものが抜けたのでした。
でもポルトバザールはモンベルがあるので、どうしても行ってしまうことがあるんですよねえ。はあ。

| | コメント (0)

2006/01/25

ポニーテール白書

オフミ今は少女マンガを読むことはありませんが、高校から大学の頃に「りぼん」を読みふけっている時期がありました。その頃の「花とゆめ」などは男でもかなり普通に読む雑誌だったのですが、今はどうなんでしょうね。
「りぼん」といえば「ちびまるこちゃん」だったり「お父さんは心配性」とかがポピュラーですが、それを少女マンガと呼ぶのも違う方向な気がします。

なんといっても「りぼん」の少女マンガといえば

水沢めぐみ著「ポニーテール白書」

水沢めぐみというだけで頭にあの超かわいい女の子の絵が浮かび、ストーリーが頭をかけめぐり、部屋の中を「きゃー」とかいいながら転げまわってしまうぐらい照れてしまいます。
それが水沢めぐみです。「姫ちゃんのリボン」じゃなくて「ポニーテール白書」ですね。あのセーラー服が、、、、なんかいやらしい書き方になるな。

同じことを考えている人は世の中にたくさんいるようで、安心です。やはりいいものはいいのであります。
ちなみに私は谷山浩子というシンガーソングライターの熱烈なファンだった頃がありました。ここ10年ぐらいのアルバムには思い入れはないのですが、ある時期は谷山浩子は輝いていたのです。そう、今でいうオタクの間で。谷山浩子様のファンのオフミなどやコンサートへ行きますとあきらかにオタク集団なのです。オタクという言葉はその頃はなかったのでマニアといいましょうか。SFとかマンガとかアニメとか、、、。引力があった、引力が。

さて、谷山浩子プロデュースで「空色のメロディ~水沢めぐみ作品集~」というアルバムがあります。
例えばその中のポニーテール白書という曲などは
作詩:水沢めぐみ, 作曲: 谷山浩子, 編曲:石井AQ, 歌:笠原弘子
という組み合わせで、他の歌もほとんどこの組み合わせです。

このアルバムを聴きますと、やはり「きゃー」といいながら布団を抱きしめて部屋を転げまわること間違いなしなのであります。

、、、、谷山浩子のここ最近のアルバム聴いてないなあ。皆さん、聴いてますか?

| | コメント (0)

2006/01/23

淡路島 日帰り旅行

兵庫県では有名な淡路島牛乳を作っている淡路島牧場へ行ってまいりました。
ここは乳搾りやバターチーズ作成体験などができるところです。

容器に牛乳を入れて上下に振り続けると無脂肪牛乳と脂肪分が分離してきます。
無脂肪牛乳は市販のものは味付けしてあるそうで、生のを飲むとクリームィーな味でした。
クリーミィーってわかんないけどさ。
分離したところでがらがらと廻すと中の脂肪分が丸まっていきます。そして蓋をあけると

はい、脂肪の塊、すなわちバターのできあがりです。無塩バターですね。
これも水分が多いのでクリームバターといった感じでクラッカーにつけておいしく
いただきました。
市販の成分無調整の牛乳と生クリームを混ぜて適当な容器で降れば10分で
できあがりだそうです。ご家庭でも料理や理科の実験にいかがですか?
容器ならペットボトルでも乳飲料のふたつきペットボトルでもなんでも使えそうですよ。
あるていど中身が透けてみえるものがいいようですね。

牛乳に酢を混ぜて分離した脂肪分をしぼって作ったチーズというものも食べました。
醤油かけて食ったらうまかった。薬味をのせるとなお良いそうです。
普通はこれを塩水につけるそうです。これは成分調整した牛乳でもできるそうです。

昔、牛乳にレモン汁をまぜて分離したものをヨーグルトと称して飲んでたことがありましたが
当らずとも遠からずといったところで何か根拠はあるんだろうなあ。
レモンも酢も酸だからね。

続きを読む "淡路島 日帰り旅行"

| | コメント (0)

2006/01/21

一日使い捨てコンタクトを購入

2週間タイプのソフトコンタクトを愛用していたのですが、最近は平日はメガネ、土日がコンタクトという使い分けをしてます。メガネは疲れるのですが仕事の都合でメガネをかけております。土日はリラックスするためにコンタクトを使っているわけです。で、こういう使い方ですと2週間の14日間の間に4日間しか使えないわけで、もったいないわけです。
2週間タイプというのは寿命が2週間なので一度開封すると使おうと使うまいと2週間後には廃棄する必要があります。一ヶ月以上使い続けている人は多いようですが事故があっても完全に自己責任です。リスクを考えるとそんな使い方は嫌です。
もちっと説明すると2週間タイプは一日使うと寝る前にはずして洗って、次の日にまた装着するという使い方をします。昔はソフトコンタクトというのは煮沸消毒とかする必要があったようですが、今は液体につけるだけでハードコンタクトに較べてもさほどメンテは面倒ではありません。
1日使い捨てタイプは一度装着してはずすとそれで捨てることになっていますので、洗えば再装着して1日使えるというものではありません。「一日使い捨て」という呼び方はおかしいのでしょう。

、、、前置きが長くなってしまいました。
とにかく、2週間のうち4日間だけという使い方なら一日使い捨てのほうが合理的なわけです。毎日メンテナンスする必要もないし、洗浄液の残量を気にする必要もないわけです。価格は、一日使い捨て:2週間タイプ=1:3と3倍高いのですが、私の場合毎日使うわけではないので通常一ヶ月分(30枚)を3,4ヶ月かけて消費することになりますのでコストは同じなわけです。洗浄液の値段分安いかもしれません。
私は左目が小学校の頃から強度の乱視で、メガネでないと矯正できません。コンタクトで矯正する場合はハードコンタクトを使うのがベストだそうですが、ハードコンタクトはひどい思いが多くて2週間タイプのソフトコンタクトに切り替えたのです。ただ、ソフトは乱視の矯正が難しいらしく私の左目では満足な視力がでません。矯正が4段あるそうで、一番最強の4段目で矯正してるそうですが、それでも見えにくいのです。しかしやらないよりはマシなのでそれでやってたのです。

そろそろ本題に入れます。最近1日使い捨てタイプで乱視用というのが出ているのです。私はそれを購入することにして眼科兼コンタクト屋に行ってまいりました。その製品の名前はフォーカスデーリーズトーリック(チバビジョン)です。
ところが説明を聞きますと、2週間タイプが4段あるならこいつは1段しか矯正できないそうです。(どういうことかわからないが、わかったような気にさせるうまい説明です)
で、私の場合は通常より価格が高いコストを考えると、その製品を使うメリットがどれだけあるか疑問ということで、むしろ乱視の矯正はあきらめて左目の近視を矯正する方向で調整してはどうかという提案を受けました。左目には強い乱視+弱い近視があったのですが、今までは乱視の矯正ばかりやってたのです。んでもって左右の近視の矯正をやって視力を出すと。それでしばらく生活してみて不便ならまた考えるという方向になりました。
近視矯正だけのコンタクトなら安くすむのですね。

今日はそいつを装着して一日ですが、まあ左目が見にくいのはいつものことでそんなに変わらないのかもしれません。結果がはっきりするとすれば夜道を車で運転するときとかですね。
しかし、今日一度このレンズをはずすと捨てるかと思うとはずすのが惜しい気持ちになります。同時にメンテナンスしなくていいというのも不思議な気持ちです。

というわけで本日の買い物は一日使い捨て近視矯正用ソフトコンタクトのボシュロムメダリストワンデー左右でした。

| | コメント (0)

神戸三宮センター街 オタク街

神戸のオタク街といえば、三宮のセンター街のセンタープラザ付近でしょう。
隣駅の元町の高架下も有名ですが、そっちはむしろサブカル系。コアな方はそっちへ行かれるといいのでしょうが、アニメ、フィギュア、ゲーム、同人誌や萌えがどうたらな人はセンタープラザです。大きな書店ジュンク堂などもつながってます。


センタープラザ3Fのアニメメイト付近です。奥にとらのあなが見えてます。アニメイトは女の子が。とらのあなには男の子が住んでいます。この写真を撮った場所から後ろの建物(東館)にメイド喫茶があります。


センタープラザ2Fのイエローサブマリン入り口付近です。私はフィギュアとか造形が苦手なので100円の食玩以外は買ったことがありません。この奥にはガンショップ、中古マンガ店、コスプレ服販売店などがあります。

ボークス、ゲーマーズの入り口です。このビルの上へ行くとスポーツショップと100均があるで一般人は上へ登っていくのですが、地下1Fと2Fに潜ると完全にオタクどっぷりの人しかいません。怖いよー。その地下の店がまた広いんだ、これが。
この写真を撮っている場所からそのまま回れ右して道をまっすぐ進むと生田神社があります。ついでに東急ハンズも。つまり参道でして、この左手には真っ赤な鳥居があります。その隣には神戸の超有名な文具店ナガサワがあります。
参道途中にこんな店があるとはさすが生田神社であります。

続きを読む "神戸三宮センター街 オタク街"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

吾妻ひでお先生、メイドカフェの初潜入レポート

吾妻ひでお公式サイトhttp://azumahideo.nobody.jp/ にメイドカフェへの初取材の
レポートが載っていました。
「楽しかったです」だそうです。楽しかったんだろうなあ(w
そのレポートに載せてたメイドさんの絵。さすが吾妻先生です。可愛いー!
やっぱり本物が描くと違います。(どういう意味だ?)

そういや、どっかで日本漫画家大賞かなんかの授賞式の写真昨夜見てたら新井素子さんが載ってました。
なんというか年相応になられて、、、、、(以下略)

続きを読む "吾妻ひでお先生、メイドカフェの初潜入レポート"

| | コメント (0)

ホームページ・ビルダーでブログ作ってみました

奥さんがホームページ・ビルダーの最新版を買ってくれました。ブログに対応してるそうなので
さっそくココログ作ってみました。
WYSIWYGじゃないぞっ。つうかエラーが今起こってメニューの柱が消滅したぞ、今。
どうしたらいいんだ。ええととりあえず、編集画面をアップしてみます。


で、これをどうやってアップロードしたらいいんだ?さっきやってみたら見事に失敗してこれで実は2回目なんだけど。

続きを読む "ホームページ・ビルダーでブログ作ってみました"

| | コメント (0)

2006/01/16

大阪プロレス 高砂大会

兵庫県高砂市の総合体育館で開催された大阪プロレスの興行へ行ってきました。
ミラクルマンプロデュース。

姫路でも以前興行されたそうなのでこっちの人なんでしょうね。
あちこちで地元の人とのあいさつの会話が。
地方巡業のあたたかさでしょうか。大阪のデルフィンアリーナのときとはまた違った雰囲気です。
あたたかければいいというものでもないでしょうが、以前WARの大阪万博会場での興行を
観たことがありますが、あれは殺伐としていたなあ。
とにかく家族連れて見にいって楽しめるプロレスなので助かります。
今回はくいしんぼう仮面のタオルを買いました。サインもしてもらいました。
子供と一緒の写真もとってもらいました。
その数時間後にくいしんぼう仮面は佐々木健介!選手に渾身のラリアットをかまされ、
記憶飛ばしてました。まじで記憶飛んでたそうです。
健介選手もとまどいながら楽しんでたんじゃないでしょうか。
しかし、やっぱり体格が違いますね。殺されるんじゃないかと思いました。
試合後にミラクルマンから「相方が死んじゃうじゃないですか」とひきつり笑いのマイクが
ありました。

会場内の写真を出すのはご法度だと思いますが、2階席で試合をじっと観察するえべっさん選手が
結構面白かったので、ボケボケ写真で。

P1000243_edited

| | コメント (0)

2006/01/15

再びタブレット。認識しません!

マザーボード、CPU入れ替えて気になってたのがその前日まで動いていたタブレットを認識しなくなっていたことです。私のは6年以上は前のArtPadⅡというシリアルポートを使うタブレットです。RS232Cっす。

ドライバを入れなおしました。WACOMのサイトからV478-6Jwi.exeを落としてSETUP.EXE実行。シリアルポートとUSBを選択する画面でシリアルポートを選択。するとポートの選択画面でCOM2しか出てきません。それを選択して次へすすむとタブレットがつながってない意味のエラーメッセージで終わってしまいました。

このマザーボードはシリアルポートは1つしかないのです。しかもマザーボードからはピンしか出てなくて、通常のコネクタをさすにはオプションのブラケットを使ってブラケットからさらにピンにつなぐ必要があります。、、、って書いてて意味がわからないですね。こんな感じ。(数年ぶりにタブレットで描いた絵です。幼稚園児の絵ですな)

20060114tablet

COM1はどこへ行ったの?COM2はどれのこと?デバイスマネージャで見るとCOM2しかありません。COM2の詳細設定でポート番号表示をCOM1に変えてみたり、BIOS画面でIRQ変えてみたり。何も変わりません。というかどっか競合してるのか?ということすらわかりません。

2chのタブレットスレ読んでもそんな話題ないし、ネット検索しても関係ありそうなものは見当たりませんし。といろいろ探してたら以下のようなページが。http://aki.o3o.jp/modules/wordpress/index.php?m=200512

本当に面倒・・・ていうか、タブレットドライバが最新のものだと認識しない糞仕様。(wacom氏ネヨ。
ここの人が古いドライバ持っていたお陰で無事に認識したけど・・・製造元は何をやってるんだ??
1,2,3とドライバを統合するのはいいけど、シリアル接続の1をサポート外にでもしたのか??

関係ありそう!古いドライバV476-4Jwi.exe(一つ前のバージョン)を試してみました。すると、どうでしょう。まったく結果は同じです。
やけになってもっと古いバージョンのドライバを入れてみました。16bitOSに対応のフロッピーディスクから。これはインストール完了までたどりつきましたが、何の変化もありません。完了したのか?さすがに古すぎる。ちょっと忘れることにします。

色々ドライバを探してみようとしたのですが、案外ネットで見つからないものですね。まったくだめです。私のフロッピーディスクに入っているドライバなんて貴重品ではないですか。うーん。

動いていた一週間前と今で何が違うかといえば、マザーボードやCPUが違うことです。XPも上書きしてるし。このマザーボードのシリアルポートがとにかくあやしい。ところがRS232C接続で確かめられる機器なんてモデムぐらいしか持ってないし、そんなので試しだしたら私の能力ではもっと問題が複雑になる一方です。

電源を一回切って蓋を開けて、シリアルポートの線をマザーボードから抜いてみました。よくみたらこのコネクタってこのピンに反対にも差せるんですよね。説明書には1番から10番まで表示されているけど、コネクタの表示まではないのです。

、、、、はっはは。というわけで逆に差してみました。

認識するじゃん、タブレット。

確かにシリアル機器の接続ができてないのでした。根元で。

無事、ドライバは最新版でCOM1を認識しました。
COM2になってたのは、先週のドライバでCOM1使用のままだったからなんでしょうか。よくわかりません。今はとにかくCOM1に表示変更したあとなのでCOM1選択でセットアップ完了です。

しかし、さっき絵を描いて感じたのは、「慣れないと使いにくいや、筆圧検出」。
肩がこってしまいました。

| | コメント (0)

2006/01/10

CPU,M/Bの交換 Athlon64 3700+へ

この3連休の最後に結局、CPUとM/Bを購入してしまった。まったく我慢ができない物欲である。できることなら神戸の中央まで行って購入したいところだが交通費もかかるので近所のパソコンパーツを扱っている店ということになり、必然的にパソコン工房になった。以前はミドリ電化でもパソコンパーツの階というのがあったのだがあっというまに潰れてしまったのだ。最近は特に自作という時代ではないし。一番近所のパソコン工房は狭い上に品数も少なかったのでもうちょっと車で隣町のパソコン工房まで行った。ここは店も明るいし広いし品数も多い。
購入したパーツは以下のようになる。
CPU:AMD Athlon64 3700+ (2.2GHz)   \26,980
メモリ:PC3200 512MB/CL 無印バルク    \4,270
マザーボード:MSI RS482M4-ILD   (M-ATX IEEE1394,LAN オンボード)  \11,970
  ビデオカード:オンボード RADION XPress200
  サウンド:オンボード (アナログ/デジタル/DVI-D)
その他、ケースファン12cm。何といままで使ってなかった。
合計で\45,000
当初の予定より1.5倍っす。結局AMDなのであった。ビデオがオンボードでSocket939ということで当初ASUSを買うつもりだったのだが、英語と中国語の説明文が地味に載っている箱で不安になったのに対して、MSIのは日本語マニュアルがついているので思わず選んでしまったのだ。

さて、セットアップ。OSの再インストールは嫌だったので現在のシステムが乗っているHDDをそのまま使うということを決めてあった。参考にしたのは以下のサイト。

Windows再インストールなしにマザーボード交換
http://dennou.stakasaki.net/noinst_mbchange-j.html
Stop 0x0000007B エラーを解決
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022581/0x0000007b.html
マザーボード交換してWindowsXPが起動不可になったのを回避する方法
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/3220/diary020922.htm

ところが一番目の内容は難しくてよくわからなかった。ハードウェアプロファイルをどうこうというところが意味を理解することを放棄して作業だけチェックしていたのが、途中でわからず止めてしまった。そこで二番目のサイトを参考にし、C:\Windows\Driver Cache\I386\Driver.cab から4ファイルを取り出してコピーしておきレジストリ追加という方法をとる。
それで分解してAthlon64を載せたM/Bに購入メモリを追加差込(512x2+256x2 MB)、上記HDDを接続。動作を確認。このときは普通にWindowsXPが立ち上がった。
そこでケースに組み込み、面倒なので全カード、ケーブルを差し込む。
電源を入れる。WindowsXPが立ち上がる。そして当然のように認証手続の画面になった。そのまま進めるとインターネットで認証ができないのである。仕方なしに電話での認証手続きをした。
そのあとにM/B附属のドライバCDをセット。ドライバがインストールされていき、何度か再起動を求められる。再起動をしていくうちにWindowsXPがまともに立ち上がらなくなっていく。まず、一通りの作業が終わってもインターネット接続ができないのだ。ipconfigで見るとIPアドレスすらふられていない。コントロールパネルでシステムを見るとLANデバイスを認識していない。
BIOS画面を見てみるとLANがDisableになっている。他のデバイスもDisableだった。あまり何も考えずにかたっぱしからEnableにする。するとLANデバイスが一瞬見えた。見えたがネットにつながらない。
USBを認識したあたりからもっと動作がおかしくなり、3台のHDDのうち1台を認識しなくなる。
夜の11時になった時点で作業開始6時間。あきらめてWindowsXPの上書きインストールをすることにする。3番目のサイトの手段だ。修復インストールとも言うらしい。
他のカードをはずして、11時20分WindowsXPのインストール開始。50分後に完了。やはり電話での認証。
CD-ROMからATIソフトウェアのセットアップ。何度か再起動するがやはりLANデバイスを認識しない。他のデバイスドライバのセットはどうなっているのか、このCDROMメディアでのセットアップ画面では不明だ。
別のノートパソコンを使ってSP1をダウンロードし、CD-Rに焼く。この時点でAM2:30。SP1でアップデート。BIOSのLANの設定項目の1階層下のところで無用なところがあったのでDisableにする。どうもこのSP1のアップデートとBIOSのLAN設定のあたりが良かったようでやっとLANデバイスを認識してネット接続できるようになった。いつのまにか他のドライバもインストールされていたらしい。

それでも3番目のHDDをつないでいると画面がちらつくなど動作が不安定。電源の容量が足らないのかもしれないと3番目のHDDから電源を抜く。
これでようやく動作しだす。この時点で朝4:00。どうもHDDへのアクセスが頻繁に起こり、遅いのが気になる。
まだサウンドまわりなど元の環境に戻ってない部分があったが、寝ないと仕事に差し支える。そのまま布団になだれこみ、寝る。

というわけで仕事から帰って、今この記事の原稿を書いている。奥さんがさっき試用していたのだが、動作は安定しているようだ。スキャナーのドライバは再インストールした。
また、動作も速い。今朝の時点ではあんなに遅かったのに。うーん。
とにかくこの原稿をブログにアップすることにする。

しかし、これで電源を買うのならPentium Dを買うのと対して変わらんよなあ。

| | コメント (1)

2006/01/08

CPUを新しくしたい

メモ書き。

現在使っているPCのスペック

CPU: AMD Athlon XP 2400+
MB: AOpen AK77-600N
GB: AGPの何らかのカード(アナログ、デジタル)
Memory:DDR SDRAM 2700 合計1GB超
HDD: IDE 80GB+160GB
電源: Scythe  SCY-400A(400W)

このCPUは1年半前の夏に10000円ぐらいで購入したもの。それまで使っていたマザーボードに載せれる範囲のものを購入して乗っけたら動かなくて、気づけばマザーボードが煙を上げて燃えている状況に追い込まれ、マザーボードまで買い直すことになったのだった。
インターネットでは当然使用に不満はないのだが、動画のエンコードはさすがに時間がかかるし、再生においても辛いときがある。
そろそろ換えておけばダメージ少ないかなあと思いはじめて調べはじめたら甘かった。
当初、いいかげんAMDはやめてIntelにしようと思って雑誌をめくってると最近の流行はデュアルコアなるもので、雑誌を読めば読むほどその話題ばかりだ。一番安いもので
Pentium D 820 (2.80GHz)
で、これが30000円前後。もうひとつ上の830(3GHz)になるとさらに一万円近く高い。
当然、マザーボードも購入しなおす必要がある。15000円ほどになっている。メモリーは今のDDRが使えなくてDDR2でないとだめ。1GBだと10000円ほどになる。おまけに電源も容量と規格が合わないので買い直し。色々あるだろうが10000円と考えると合計で65000円。うまくきりつめて60000円ちょうどというところ。雑誌のドスパラの広告みるとほぼ同じスペック+マルチDVDドライブ+OS付+ケースで79800円。
CPUだけ交換でなくて買い直しというか追加ではないか。
なんて言ってると、どうもPentium D 9xxシリーズということで920というのがでてた。31800円。

AMDのAthlon 64 X2 3800+ がデュアルコアで4万円前後。これなら今のメモリーのDDRなのでそのまま使える。電源は今のままでいいかもしれないが、場合によっては買い直す必要があるかもしれない。

どちらも問題はグラフィックボード。最近はAGPでなくてPCI Expressへの流れになっているので今更AGPもなあということらしい。マザーボードにVGA付のがあるのでそれを買うという手もあるし、AGPとPCI EXpress付のマザーボードもあるらしいのでそのあたりか。

近所のパソコン工房へ行くとマザーボードがあまりなかった。とくにAMDではAGP付とかVGA付とか難しい。ネットで調べてもマザーボードはどうもあいかわらずグラフィックカードについて相性問題があるらしい。やっぱりIntelにしておきたいなあ。昔初めて買ったソフマップブランドの組み立てパソコンがAMDのK6を使っていたのでそれをバージョンアップしていってるがために今だにAMDになのだ。この束縛からそろそろ解き放たれたい。

別にデュアルコアとかに拘らなければもうちょっと考えようがあるような気がする。今の電源でも安心して使えるとかメモリーはそのまま流用とか。AGPのMBにすれば今のグラフィックカードでいいし。つまりCPUとMBだけでCPU2万円とMB1万円ぐらいに抑えるのが今までのやりかただったし。

たしかに2006年1月の週刊アスキーではPentium D 820 での自作ページがある。秋の自作に関する雑誌(WinPCの別冊)でもこれだ。どうも夏ごろに出たCPUらしいのだが、そんなの興味なかったので頭の片隅にも残ってなかった。
ところが1年前の2004年12月のアスキーにはデュアルコアのデの字もない。
Pentium Dや64 X2の字に踊らされる必要はないはずだ。
ああ、でもちとまて。こちょこちょ3万円使うのならずばっと5,6万円で、最強(私の中で)にしておいても。そんな金があったら自転車買うのに廻したいぞ。。。。いや、ちょっと、あてまてまあて、、、mて、まて。

悩むなあ。上のCPUのこの半年の値の動きは登場してから5000円ほど下がっただけで思ったほど安くなってない。待ってれば値段が下がるという考えもしんどそう。

うーん。
わかんねーよ。ちと前までのちょっとネット検索すれば神が啓示を下さるということもないし、2chもあてにならない。価格コムの掲示板は検索できないようになっててわざと使いにくくしているようだ。

もちっと頭の中で整理できるまで考えてみよう。

以上、メモ書きでした。

| | コメント (0)

2006/01/04

タブレットの利用

昔、WacomのタブレットArtPadを使っていた。ペンをなくしてどうしようもなくなっていたのだけれど昨夜発掘。さっそく今日デバイスドライバをインストールする。
WACOMのサイト
http://tablet.wacom.co.jp/download/down1.html
からデバイスドライバV4.78-6Jwi.exeをダウンロードする。実行するとフォルダV4.78-6Jwiが作成される。そこでSETUP.EXEを実行すると

ファイル E:\download\V4.78-6Jwi\SETUP.EXE (または必要なファイル)が見つかりません。パスおよびファイル名が正しいか、必要なライブラリがすべて使用可能かどうか、確認してください。

という、エラーが表示される。google検索すると、2chのスレで同じことが書いてあった。さすが2ch。WACAMの公式サイトより役に立つ。

V4.78-6JwiVJwiと.や-をフォルダ名からとってやるといいらしい。つまり
E:\download\VJwi\SETUP.EXE
で実行するとエラーが起こらずインストール画面になった。

ひさしぶりにUSBでなく昔のシリアルポート使用でインストールした。

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »