« 秋から冬へ。。。。。高原にて | トップページ | ひっぱりだこ飯を食べたぞ!(西明石駅弁) »

2005/11/26

久坂宗次さんの女の子

学生時代に「可愛い女の子を描くのだ」と同人絵を描きかけて半端なところで投げ出してしまった。目指していたのは今の萌えってのと方向が似ている気がするけど、たぶん違うんでしょう。
正直、おっさんにはわからんもんね。

それでも時々心が動く絵を描く人がいて
久坂宗次さんのHP
http://hx.sakura.ne.jp/~kusaka/

を時々覗いては可愛い女の子の絵を鑑賞している。というか現在のPCのデスクトップの背景に設定までしている。エッチ系。
絵が好きか嫌いかに、このレベルのエッチ度の有無などどうでもいいことなのだが、自分の子供ものぞくことがあるPCには簡単には使用できない絵があるので、選択には気を使う。「いいじゃないか、乳ぐらい!」と開き直りたくなるが、がまんである。
白黒の絵を見ると何も感じないのに、カラーになるとすばらしい。特に肌の色の選択が素晴らしい。印刷物を見たわけじゃないので、自分のPCのディスプレイ設定の問題かもしれん。
色が入ることで、可愛い女の子の表情や肌に
温度とか柔らかさを感じるというか、、、、、、。ぷにぷにとかもちもちとか書くとありきたりでうまく表現できないけど、このあたりが、むかーしの自分がこんな絵が描けたらいいなと思っていた方向にどこか近いのだと思います。実際に自分に描けたか?とかは別問題だけども。

|

« 秋から冬へ。。。。。高原にて | トップページ | ひっぱりだこ飯を食べたぞ!(西明石駅弁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋から冬へ。。。。。高原にて | トップページ | ひっぱりだこ飯を食べたぞ!(西明石駅弁) »