« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

明石原人を訪ねる (明石探訪シリーズ)

なんじゃ、明石探訪シリーズというのは。

皆さんは明石原人をご存知でしょうか?

戦前に旧石器時代の人骨が明石の海岸で発見されたというものです。
明石原人 (1:明石のあけぼの)←わかりやすい説明

東京大学←難しい説明

<「明石原人」の謎>←泣ける話。大学の学者とか朝日新聞が鬼に見えてきます。

本物が戦争で焼失したとのことで「謎の原人」なのですが、近くではゾウの化石が発掘されていたりします。このあたりは屏風のように断崖が続くということで屏風ヶ浦海岸と言うそうです。旧石器時代ということで真偽をめぐって論争があったそうです。(もう論争にもなってないようですが)

屏風ヶ浦とは風流ですが、当時の面影は残っているのでしょうか?
では行ってみましょう。

IMG_0142
IMG_0145
江井ヶ島海岸から浜の散歩道というサイクリングロードを歩いていきます。
今日は暖かくて桜が開花していますね。

護岸工事が進んでいて自然のままの崖などほとんど残っていないですね。
IMG_0149
自然どころか、こういう無理やりな家の建て方はどうなのよ?と思いますが。


IMG_0153

2km歩くと見えてきました。あのあたりのマンションが建っている崖のようです。向こうに見えるのは明石大橋です。

ここだ!
IMG_0156
昔は土がむき出しだったそうですが、今はただの草ぼうぼうの工事現場になってます。金網で囲う工事をしていましたが、この土地を保存する工事なのでしょうか?それとも住宅とか公園の工事でしょうか?工事のおじさんが昼寝をしていました。


☆☆☆☆☆☆☆☆

明石原人の謎(団塊の世代一代記)Akimasa.Net を元にすると明石原人のお話は次のようになります。
要約してあるので原文とは違っています。元はURL先を読んでください。
http://www.terra.dti.ne.jp/~akimasa/html/itidaiki/akasi.htm

主人公、直良信夫。

大正5年、14歳、九州臼杵市の活版所に丁稚奉公。半年で辞め、家の手伝いで畑仕事をしながら勉学に励む。そのとき、若い女教師直良音に声をかけられ励まされる。(後に結婚することになる)
こののち上京し、学校に入っては体調を崩して辞めたり、別の学校に入って勉強。
大正9年、18歳。農商務省臨時窒素研究所就職。
仕事をしながら、研究所近くの貝塚で発掘、研究。無理がたたり結核に。
大正12年、処女論文発表。このとき21歳。
大正12年、夏、病のため帰省。途中、直良音先生が姫路にいることを思い出し、姫路で下車。そこで看護を受ける。その日正午前、関東大震災。死者行方不明14万人余。結婚を約束していた女性を東京に残していたがその後も消息をつかむことができなかった。

大正14年。結局結核療養で明石に居を構える。自宅の玄関に「直良石器時代文化研究所」という看板を掲げる。
明石の西海岸に洪積世の地層が露出していることを発見。
昭和2年、旧象の臼歯の破片とメノウの石器と思われるものを発見。→旧象については別の地点からも化石が発掘されており、アカシゾウと命名されています。明石市の文化博物館に展示されています。

昭和6年4月18日、昨夜の暴風で崩れたと思われる崩壊土に八分埋まった人骨発見。化石化していた
専門家の鑑定を得るために東京、京都の学者に手紙
4月23日、東京帝国大学の松村博士「人骨を拝借したい」
5月3日、大阪朝日新聞「三、四十万年前の人体の骨盤現る」
5月2日付(5日着)、松村手紙「人骨であり、化石化の程度や色から太古のもの」
5月10日、京都帝国大学の学者、学生、直良家訪問。人骨は当然手元にないので現物見せられず。
6月6日、松村博士、西八木海岸の現場に立つ。その後、人骨送り返される。手紙には「化石人骨かどうか断定できない
京都帝国大学の関係者「詐欺師」呼ばわり。

人骨を発見して専門家に送ると東大の学者に「太古の人骨」と言われ、いきなり朝日新聞に数十年前の人骨と記事が載ったかと思えば、手のひら返して「断定できない」。わずか2ヶ月の話。おまけに京大からは詐欺師扱い。
学歴のないアマチュア研究者は学閥、学者の功名心争いに翻弄されるだけであった。

昭和7年、30歳。二人の子供+夫婦で上京。
徳永博士(早稲田大学)の研究助手になる。無給。獣骨化石の整理、満蒙学術調査団に参加、化石層の発見。
早稲田大学付属高等工学校の夜学会計事務、図書係を経る。
昭和20年4月、43歳。早稲田大学講師(正式辞令)に。
その2ヶ月後、昭和20年5月25日、東京大空襲。家も大学も全焼。標本、資料、原稿、焼失。人骨も見つからず

昭和22年1月、東大の長谷部名誉教授、「明石人骨」の写真と石膏模型が見つかったのでこれを元に研究し論文を発表したいので了解をいただきたいと使いを遣す。松村博士が無断で模型を作って保存していたらしく、長谷部がそれを”発見”した。手元に何も残ってない信夫は了解するしかなかった。
昭和23年7月 人類学雑誌に長谷部発表。ニッポナントロプス・アカシエンシス(明石原人)と名づけ、学名の後につける発見者の姓を「ハセベ」としていた。信夫は人骨を旧人(20万年前ころ)と見ていたが、長谷部博士は原人級(50万年以上前)と推定。
昭和23年10月、信夫46歳。明石市西八木海岸の発掘調査。長谷部博士を長とした東大人類学教室を中心としたものだが、発見者の信夫には事前に何の連絡もなく、後にオブザーバーとして参加を許される。
昭和32年、早稲田大学文学博士号(信夫55歳)
昭和35年、理工学部採鉱冶金学科教授
昭和40年、妻の音死去。享年73歳、結婚生活42年。病気がちな夫がアマチュア時代は生活は音が支えていた。上京のときもそれまで勤めていた学校を辞め、東京の学校に転職して夫に協力した。戦後は体調をくずし、夫の信夫が死に物狂いで働いて妻の世話をみながら、添えとげたのです。
昭和47年、70歳。定年退職

昭和57年、朝日新聞夕刊 ”明石「原人」はいなかった”の記事。
「科学朝日」に、遠藤(東大)、馬場(独協医科大学)により「明石原人」はせいぜい一万年前の人類との結論を発表。現物は焼失してるので模型を元に研究した結果であった。

昭和60年(1985)3月、西八木海岸発掘調査。信夫は高齢のため発掘にまたもや参加することはできなかった。孫娘が3日間ほど発掘に加わる。→このとき、人骨は発見されなかったものの、旧石器時代の石器が発見されています。
8ヶ月後の昭和60年(1985)11月1日、明石市文化功労賞(生涯唯一の褒章)
翌日、11月2日、信夫逝く、享年83歳。

末期の病床で、信夫は熱にうなされながらしきりに繰り返したという。「私は百万年前の落ち武者で、道に迷って困っております。私の行先を教えて下さい」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

さよなら 僕たちの保育園

先日、息子の保育園の修了式があったのですが、そこで歌ってた歌
「さよなら 僕たちの保育園」 作詞 : 新沢 としひこ
が、かなり泣ける感動的な詞と曲で、なかなか心を揺さぶられました。
今日、撮ったビデオを編集してたので何度も聴いてしまって耳にまだ残ってます。
検索してみたら、あちこちでこの話題。まあ、そういう季節だし。

「さよなら 僕たちの保育園~ 僕たちの遊んだ庭~♪」でボロボロ泣いてたお母さんがいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中高年の趣味は神社仏閣めぐりと山登り

nunobiki_tera050329

場所は新幹線駅「新神戸駅」から北側の布引の滝方向へ行ったところ。滝へいかず、まわり道をするとこっちに出る。


街でうろうろもいいが、イライラがたまる一方だ。
やっぱりこういう緑があったり、寺やら神社とか落ち着いた雰囲気のところのほうが、心が静かになる。

完全に中高年趣味まっしぐらー


室町時代に作られて別の寺にあったのを移設したという多宝塔という建物は妙にお気に入り。
高野山にも同じような多宝塔があったが、確かあれ人力でぐるぐる回すことができるのだ。

高野山行きたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/29

いいかな、いいかな♪ いかなご

ikanago

話題古くてすみません。
明石だけでなく、播磨から大阪湾、淡路島までで有名な春の魚といえば「いかなご」。
今年は3月7日あたりが解禁だったと思う。
特に播磨は一般の人がくぎ煮を作る。
スーパーなどに生のいかなごが入荷すると皆こぞって大量に買い込み、醤油などで煮てくぎ煮をつくり、タッパに入れて全国の知り合いに配るのだ。
コンビニでもいかなごのくぎ煮を入れるためのタッパを売ってる。郵便局でも、くぎ煮を送るためのポスターが張ってある。あちこちの家から独特の匂いが漂ってくる。

うちは明石に住むようになって8年ぐらいになるが、まだくぎ煮を作ったことがない。作らなくてもあちこちの店で売ってたりする。駅前の明石焼(玉子焼)屋でも作ったくぎ煮を売ってた。100g350円だから結構する。
こいつをご飯に載せて食うと何杯もいけるのだ。

しかし、いかなごはくぎ煮ばかりでない。釜揚げというのがある。こいつにポン酢をかけてご飯に載せるとさらにうまい。私はくぎ煮よりこっちのほうが好きだ。
いかなごは解禁の頃は「新子」といって小さいのだが、だんだん成長してくる。成長すると「古せ」というやつになる。
こうなってくるとちょっと固くなっておいしさがなくなる。いかなごは春の最初を味わう魚なのだ。

最近、「いかなごの歌」というのをスーパーや魚屋でやってる。以前、さかなさかなー♪という歌があったがあれと同じ効果を狙った歌なのだが、完全にご当地ソングだ。
いーかな、いーかな♪という歌詞なのだが、そこしか覚えてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/28

ふんだりけったり

今日は躁鬱がはげしくて体力も落ちまくり。まあ、昨日も怪我したこともあるけど、その直前イライラしてたのが原因だし。
閉鎖空間での騒音というのが一番苦手だ。昔はそうでもなかったが、、、、うーん、そうかな、自信ない。
元々気分屋でころころと気分が変わるのだが、スイッチの一つで多いのが音、声。
最近、とみにスイッチの切り替えがひどいのは歳のせいなのか、別のストレスのせいなのか、精神の鍛え方が悪いのか。鍛えた覚えないけど。
あー、静かな緑のあるところでのんびりしたい。神経質な人間はそういうところで隠遁生活が似合ってるんだよ、昔の人ってそうじゃん。現在じゃあ、むずかしいけどさ。
街で遊ぶのは楽しいが、充電というよりは放電されてスッキリなんだよな。ストレスの解消としては。
だから放電しきったところに攻撃されると一気にやられてしまう。
どうやって鍛えたらいいのだろうか。そもそも鍛える必要あるのか?
何書いてるかわからんなあ、支離滅裂やんけ。今もイライラしてるからだなあ。

騒音というのは身体に与えるストレスの代表的なものの一つだそうだが、身をもって知っているぞ、それ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/27

晴れた日には野点をして

niwa
天気が良かったので庭でピクニックしました。
湯をガスストーブで沸かして、コーヒーを入れました。ちょっと遅い朝食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

左手負傷

午前中は子供の修了式。
昼から調子が悪くなり、ぼーっとなった。頭痛もひどい。顔もほてってる。熱っぽい。アレルギーの検査をまじで受けたほうがいいのかもしれない。
家に帰ってぼーっとしたままコーヒーメーカーのガラスポットを洗っていたらイライラしてきて変な力の入れ方をしてしまった。その瞬間、「ぱりーん」。
ちらばるガラス片。左手から吹き出る鮮血。いたい、いたい、イタイ。
蛇口の下に手をかざすと流水が赤くなるが、ちっとも薄まらない。傷口は薄皮ほど浅くもないが、結構ざっくり。ポリ袋に手を突っ込み、タオルを探しに。
「どのタオルを使い物にならなくしても惜しくないだろう?」
ぞうきんにしようかと思ったが踏みとどまり、薄いタオルを使う。上から押さえつけて止血してみるがちっとも止まらん。ニュービーズで洗った白いタオルが真っ赤っか。そのままポリ袋に再びつっこんで、掃除開始。
それから土曜日に開いているはずの近所の外科に電話して受け付けてくれるかどうか確認。歩いて3分ぐらいなので助かる。大怪我でも何でもないけど、血が止まらないとポリ袋つけたまま布団で寝ないといけない。
それにしても血のついたポリ袋は、釣った魚をさばくときの色と同じだ。魚も人間も同じ動物なんだなあ。魚は血は冷たいけど。

左手を押さえながら外を歩きながら「医者はどこだ?」とか、「今の俺って愚地独歩みたい」とかぶつぶつ言いながら病院に到着。

「持ってきたかい」
「これだろ」
と氷づめにした切断された左手の入ったポリ袋を差し出す

、、、そんなわけなくて「ガラスでちびっとだけ切りました」
最初は縫う方針で治療が始まったが、色々いじくっているうちに「何とかなるかも」と言われてガーゼを当てられて様子をみることに。ぜんぜん血が止まらず、再びガーゼ。
止まった感じになったので、一度家に帰る。再びガーゼが赤くなってあふれてきたので再度病院へ。
包帯でぐるぶる巻き。

この間はやっぱりぼーっとしてて頭痛がしていて、、、、今日の午後は最悪だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石海峡

JR神戸線(山陽線)で塩屋のあたりから見る電車の窓からの風景が大好きだ。
「源平一ノ谷の合戦」の舞台となった須磨浦公園から塩屋駅のあたりは
山、国道2号線、線路、海
となっていて、途中で国道と線路が入れ替わって
山、線路、国道2号線、海
となる。何を言いたいのかというと山と海の間は道か線路しかないのだ。平地つうものがない。大阪湾だと南の堺からずーっと大阪湾をへて海岸線沿いに大阪、西宮、神戸と見ていっても全部埋め立てられている(西宮には少し砂浜があるが)須磨のあたりで初めて海水浴ができる砂浜が現れる。そこからしばらく東へ行くといかにも海岸線沿いという塩屋付近に出て、再び街中になる。
このあたりの国道2号線を車で走ったことのある人なら「ああ、あそこか」とわかるはずだ。西へ向かってると道の左側のガードレールの向こう側は波が押し寄せている海だ。右を見ると山陽電車とJRの線路があってその向こう側には山がある。晴れた日にバイクでここを通るのが好きだった。ただいつも渋滞している上に脇見運転が多くて怖いところでもある。
海を見ると明石海峡の向こうには淡路島があり、明石大橋がかかり、瀬戸内海へ沈む夕日と行き来するタンカー、漁船が見える。山側にはあまり知られてないようだが、神戸の異人館ばりのおしゃれな西洋風木造建築の家が並んでいる。神戸の北の坂の異人館はあまりに観光地化されすぎていて敬遠してしまう人もここの”異人館”には魅せられるんじゃなかろうか。

嫌なことがあったり、ぼーっとしてるときに電車の窓から見るここの景色は(特に夕方は)、どうも俺のぼろぼろな車にとっては洗車場みたいなものなのね。ガソリンも時々入るかな。
そういう感動は今日はいらないんやというときは海が見えない側に座って内的宇宙にひきこもることにしている。

ここらへんは歴史があるところだけど、昔の人も今よりもっと美しい淡路島やら海を見とったわけやね。感動みたいなものがあったとすれば共有できるものの一つだね。
ちなみにここらから明石までずーっと松木林が砂浜沿いに続いていたそうである。こればっかりはわずかなところでしか共有できない風景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

チャリがほしい -春だから-

もう3月も下旬で3連休などは天気がよくて暖かかった。ああ、春だなと。今日明日は雨のようですが。
私の家からの交通手段は自動車、自転車(以後チャリ)、徒歩だが、ちょっと近所をまわりたいというときは駐車の問題があるので自動車は使えない。徒歩だと遠いというときはやっぱりチャリを使いたい。
しかし、どうも今のママチャリは辛い。1km以上はきつい。3段変速という素晴らしい能力をもつママチャリなのだが。
連休中に遊んだ明石城公園でMTBを見たときに「いいなあ」と物欲が沸いた。
なんか気持ちよさそう、かっこいい、痩せそう、、、、、、、幻想である。おいらのいつもの何かから逃避したい現れだ。
しかし、「近所のレンタルビデオ屋へ行くのに原付がほしい」なんて発想よりはよほど健康的だ。

普通に買ったとしてチャリって価格帯っていくらぐらいなんだろうとネットで調べていたら、なんちゃってチャリが2万円、上を見たら軽く数十万円だった。どういう分野もやっぱり安いのから高いのがあるのね。
車体だけで許せる品質で4,5万円。これも車体だけで、それにオプションを買っていったらもっと高くなる。
バイクを買うならヘルメット、グローブもいるし、釣りなら竿だけ買っても仕方なくて、リールもいれば仕掛けもいる。ああ、なんでもおんなじ法則だあ。パソコンだってそうだよな。本体だけでなくて、ソフトもいるし、ネット接続機器もいるし。

とりあえず、今のママチャリをもうちょっと整備して使いやすくする方向でがんばってみたらどうだろうか。
昔、雑誌でバイクを買えない中学生がチャリをデコレーションしている写真を雑誌で読んで感動した記憶がある。。。いや、そっちの方向じゃなくて、チューニング、チューニング。
友人知人から結婚祝いで買ってもらって、そのあと盗まれて、数年後にサドル無しの状態で錆さびで発見された愛用のママチャリ。発見されたときに自転車屋で整備してもらったが、そろそろワイヤーとかダメになってるのではないか。万能オイルCRC556を差してやるだけでいけるんじゃないか。つうか、MTBを購入したってノーメンテですむわけじゃないんだから、ママチャリだってメンテ次第で快適になるはずだ。

というわけで、さっきネット検索してみた。

ドリ車のチューニング
>自転車を、ドリフトをやりやすいようにチューニングしましょう!
、、、いや、そっちの方向じゃない。

チャリンコのページ
チューニングとは何の関係もない家族のほのぼのHP。いいご家庭って感じだなあ。
ホームセンターで購入のMTBが1,2万円台なのを読んで考えてしまった。無名のとはいえ、18段変速でサス付かあ。ツーリングに行くわけじゃなくて近所まわりたいだけだもんなあ、こういうのでいいんじゃないのか?どうせカゴつけるんだし。
、、、、いや、今のママチャリをとりあえず何とかするのだ。

ママチャリ法再提出って・・・
そういうオカーサンはちょっとずつも学習できないので罰金でも高くとってやらないとわかんないです。なんで罰則つけないんだ、民主党?二人乗りは危険な行為です。しかも大人を後ろに乗せてるのと違って子供の場合は危険を自分で回避する能力が低いです。脳挫傷を考えたらヘルメットぐらい安いもんでしょ。バイク用のフルヘイス3万円のを買えといってるわけじゃなし。車でチャイルドシートが義務化されたときも同じ論理の身勝手な意見をよく見かけました。今もしてないDQN親いるよなあ。
、、、、いや、今はそんな話やないねん。


2004 ママチャリ12時間耐久レース 結果
、、、面白いし、確かにチューニングしてるママチャリもあるけどレース仕様にしたいわけじゃないし。


FAQ ~よくある質問~
「自転車通勤ビギナーズ」というHP。
このページが一番役に立った。
CRC556はあまりよくないらしい。そ、そうか。それだけでえらく勉強になった。
グリスかあ、、、めんどうくさい。。。。自転車屋に相談するかあ。

ちょっと奮発してライトをダイナモ式でなくて電池式にしようかな。それだけで楽だぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/03/22

DSC00007

丹波市立薬草薬樹公園 リフレッシュ館
というところへ行った。
遠出して公園で遊んだあとに回り道したところにちょうどあったのだ。いかにも風呂がありそうだったので風呂好きの家族はさっそく入場。
ここの特色は薬草を使った薬草湯。まあ、スーパー銭湯にもそういうところはいっぱいありますが。
この山南町というところは

山南町における薬草栽培の歴史は古く、黄蓮は天
保11年 和田領藩主水野肥前守の典医(植木環山漢方医)が蘭学上、必要性を痛感され、中岡家藤右ェ門先代に黄蓮(チベット原産)の栽培が可能なことを説き、当地域の山麓に栽培し、オウレン健胃・整腸薬の生産地となった。
 その後桑園の間作として栽培を広げ、製品は地元仲介業者を通じ大阪道修町の薬種問屋街の市況を一時独占した。

とかなんとかでそこらのハーブ風呂とは年季が違うわけですな。ラベンダー湯で喜んでるんじゃねえよ、このドクダミを味わいなっ、てところでしょうか。
薬草湯はぬるーい湯だったが、茶色の湯に入っているとあっというまに顔から汗がしたたりだしてきた。温まるー。
でも残念ながら子供が入るのを嫌がり1分も入ってられなかった。残念だ。。。
仕方ないので売店で薬草の入浴剤を買う。入浴剤といってもバブとかじゃなくて、薬草の干したやつがティーパックのように入っているやつだ。1000円で5袋。明日の夜から我が家の風呂は薬草湯で発汗作用で汗だらだらで冷え性にきいて肥満にも効くという。素晴らしい!婦人病にもきくそうだ。これはおれにはあまり関係ないはずだが。
このリフレッシュ館にはちょっと博物館コーナーがあって昔の漢方医の道具とか、薬草のサンプルなどを飾っていた。
こういうのは大好きなのだ。
ちょっと、民間療法もいいかなと、簡単に洗脳される悪い癖が少し芽生えてしまった休日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

全身が凝っています

sutoreti

全身がこっている。ちょっとひどい。肩首のこりから来る緊張性頭痛にしめつけられ、買い物してても会話しててもテレビ見てても、もやがかかったような思考しかできない。というわけで最近家庭での会話もその状態で話ししてるので
頭がまるでうまくはたらいてないというか自分で何をしゃべってるかについても記憶がないことが多い。
こないだ頭痛に悩まされながらバックを買ったのだが、家に買えってびっくり。高いわりにはへなへな布地で買ったときの印象とかなり違う。ぼーっとしてたもんなあ。
こういう症状のときに買い物したりおでかけしたらだめだわ。

元々肩こり性なのだが、今は左の首と肩に常に痛みがはしる。さわるとスジになってる。腰にもスジがある。
今も座っているだけで腰が痛い。腰をおさえると筋を通ってか首のこりが気になってくる。
こりだけならともかく、痛いのだ。しかも首など強くもみすぎたせいか、筋肉が固くなってる.

よーし、
ストレッチマンの動画の、君もストレッチをしよう。

コスプレした黄色のタイツのきてるファッションのお兄さんがストレッチの掛け声をかけてくれるから、それにあわせてストレッチをしたらよい。時間まで数えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

「失踪日記」吾妻ひでお

吾妻ひでおの新刊「失踪日記」を購入。
すさまじい漫画本が出たなあ。
なんか色々ためになるぞ。
それにしてもやっぱりこの人の描く女の子=「美少女」は可愛い。

今のアニメやマンガやゲームで”萌え”というジャンルに対して、吾妻ひでおの功績抜きには語れない。
いくら功労者でも消えて忘れ去られる漫画家はくさるほどいるのに、よくぞここまで復帰してくださいました!
完全復帰にはまだ遠いが、いやいや、のんびりとやっていただければ、、、
2chプラスで連載してたのが、雑誌がつぶれたようなのでこれからはどうするのかなあ。。。

吾妻ひでお公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

いちご狩

いちご狩に行ってきました。車で1時間45分かかるのでちょっと時間を食いますが、去年行った所が良かったので近場へ行かずに今年も行きました。
ここは12月からいちご狩が可能という稀有なハウスです。コンピュータで管理してるとかで(何を?水とか温度とか?)、他のいちご農園にも行きましたが較べて絶対ここが美味しいと家族で一致しています。
もう幸せ。。。。

DSC00006

いちごをむんずと掴みちぎり取る。

DSC00021

うまうま。

DSC00014

無限に広がる苺宇宙。。。。

DSC00025
こ、これが、全部俺達の苺だというのか!? (他にも客いましたけど)


午後から急速にしんどくなってきた。エネルギーがもたんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »